FC2ブログ

ロシア人たちからの警告 ②

318624からの続き。元記事の翻訳~引用文です。
================================
下記に署名をする我々は米国に住み、米国で仕事をしているロシア人である。米政府とNATOは現在ロシアや中国と正面からぶつかるような非常に危険な政策を展開していることから、それらを目にしている我々の懸念は高まるばかりだ。数多くの尊敬すべき、愛国的な米国人、たとえば、ポール・クレイグ・ロバーツやスティーブン・コーエン、フィリップ・ジラルディ、レイ・マクガバン、そして、他にも多数の識者らが迫りくる第三次世界大戦の危険性を指摘している。しかしながら、彼らの発言はことごとく虚偽や不正確な記述が満載されているマスメディアによってかき消されてしまう。これらのマスメディアはロシア経済は最悪の状態にあり、ロシア軍は弱体だと言う。しかし、何の証拠も示さない。ロシアの歴史、ならびに、ロシア社会やロシア軍の現状を十分に理解している我々はこれらの嘘を鵜呑みにすることは出来ない。我々は、米国に住んでいるロシア人として、米国の一般大衆には虚偽の情報が流されている事実を皆に告げ、真実の情報を皆に伝えることが自分たちの責務であると信じている。真実というものは単純だ。それを下記に示そう: 

もしもロシアとの戦争が起こるとすれば、米国は多分間違いなく
敗退することだろう。そして、我々の大部分は結局死亡することだろう。

ここで、一歩退いて、歴史的な文脈からはどのようなことが起こり得るのかを考察してみよう。第二次世界大戦においては、ロシアは外国からの侵略者のせいで大きな損害を被り、2千2百万もの人命を失った。国土が侵略されたことから、死者の多くは一般市民であった。ロシア人はこのような惨事を二度と許さないと誓っている。しかし、ロシアは侵略される度に勝利を手にした。1812年、ナポレオンがロシアを侵略した。1814年にはロシアの騎兵団がパリへ乗り込んだ。1941年6月22日、ヒトラーの空軍がキエフを爆撃した。1945年5月8日にはソビエト軍がベルリンへなだれ込んだ。 

しかし、あれ以降、時代は変わった。もしも、今日、ヒトラーがロシアに侵攻しようとしたならば、彼は20分か30分後にはもう死亡していることだろう。彼の地下指令所はバルト海の何処かにいるロシア海軍の小さな艦艇から発射された超音速カリブル・クルーズ・ミサイルによってがらくたと化しているだろうからだ。新しいロシア軍の作戦能力はシリアで行動しているISISやアル・ヌスラ、ならびに、外国から資金を得て活動している他の武装組織に対して行われた最近の空爆によって非常に説得力がある形でその威力を示した。以前はロシアは自国の領土内で地上戦を戦うことによって外部からの挑戦に対抗しなければならなかった。これはもう大分前の話である。今は、このような戦いは必要ない。ロシアの新しい武器は瞬時に反撃を行い、敵に探査されることも仰撃されることもなく、間違いなく敵を殺害する。

こうして、もしも、明日、米国とロシアとの間で戦争が始まるとしたら、米国は確実に壊滅する。最低の損害の場合であっても、送電網は破壊され、インターネットは使えず、ガソリンも天然ガスも途絶え、州間高速道路網は分断され、空路は閉ざされ、GPSを用いる飛行はすべてが中断される。金融センターは廃墟と化す。政府はそのすべてのレベルで機能が停止する。世界中に配備された米軍への再補給はもはや不可能となるだろう。また、高レベルの損害が起こる場合には、米国のすべての国土は放射性降下物で蔽われることになるだろう。我々は警告者として皆さんに警告しようとしているのではない。我々自身が知っている事実に基づいて、自分自身に向かって警告しているのだ。攻撃された暁には、ロシアは引っ込んではいない。ロシアは反撃し、米国を徹底して破壊するだろう。
==============================
続きます。




takigawa hayami
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)