fc2ブログ

ロシア人たちからの警告 ①


米国に住むロシア人から、米国を牛耳るネオコンや軍産複合体への警告文です。最も興味深いのは、一般大衆の感情の代言と(ロシアの力に対する)自信に満ち溢れた内容です。
長文になりますが、全文紹介します。リンクから転載
===============================
米国に住み、米国で仕事をしているロシア人は多い。

このブログでご紹介した記事の総数は、お陰様で、今や決して少なくはない(この原稿を投稿すると、総数は228件となる)。それらの投稿が引用する記事の出処や著者には、クラブ・オルロフとかザ・セイカー、あるいは、アンドレ・ヴルチェクといったロシア系の米国人が何人もいる。単なる偶然かも知れないが、興味深いことには彼らが提供する意見や論評は一味も二味も違うのである。

クラブ・オルロフを主宰するドミトリー・オルロフが他の著名なロシア系アメリカ人たちを誘って、現在の米政府やNATOが繰り広げている反ロシア・反中国の外交・軍事政策を批判する公開状をインターネット上に掲載した [注1]。6月の始めのことだ。

本日はこの公開状を仮訳して、読者の皆さんと共有しようと思う。

好むと好まざるとにかかわらず、読者の皆さんの多くは西側の主張や世界観については十分に理解しているとしても、ロシア人あるいはロシア系米国人の物の見方に関してはそう詳しくはないのではないか。少なくとも、私自身についてはそう言える。要するに、今までの数十年間にインプットした情報量が桁違いに異なるからだ。米ロ間の新冷戦が色濃くなる中、核戦争を抑止するには、ロシアを少しでも多く、かつ、深く理解することが我々一般庶民にとっても重要な課題であると私は考える。少なくとも、議会性民主主義が維持され、選挙によって議員が選出されている間は非常に大切なことである。

西側のネオコン連中や軍産複合体が何時の日にかロシア脅威論を捨てるだろうと期待することは大きな間違いだ。すでに進行している新冷戦は遅かれ早かれさらに深化し、最後には偶発的な出来事、システムの誤作動、あるいは、何らかの人的ミスをきっかけにして米ロ間の戦争になってしまうかも知れない。その場合、究極の懸念は不可逆的な結末をもたらす全面的な核戦争である。

私自身がもっとも興味深く感じるのは、そういった一連の筋書きを回避するための提言として、これらの共著者は自分たちの意見を公開することに踏み切った点にある。

米国社会に住み、仕事をしていて、彼らは米国の対外政策に関してそれだけ切羽詰まった雰囲気を感知しているということだ。今年は米国では大統領選の年でもある。この公開状は米国社会の政治や外交・軍事政策を決定する中枢(つまり、ネオコンや軍産複合体に牛耳られている勢力)やトップの考え方を批判するだけではなく、軍事力に依存する覇権国家という、基本的には他人の意見を受け入れようとはしない閉鎖的な物の考え方に浸り切っている、金太郎飴のように同じ意見を述べるしかない一般大衆の世界観を打ち崩そうとする試みでもある。

ヨーロッパにおいては、過去2年間以上の米国主導の対ロ経済制裁ではヨーロッパ各国は明らかにロシア以上に自分たちが経済的損害を受けている。ロシアへの食品輸出が出来なくなり、多くの生産者は経済的打撃を受けた。一般大衆は西側のプレスティチュートが喧伝する反ロ・キャンペーンや情報の歪曲にすっかり嫌気を感じている。最大の皮肉は、ヨーロッパが再び米国のために戦場となるかも知れないという点だ。こんな状況はまったく望んではいないヨーロッパの一般大衆にとっては、ロシア人の著者たちの提言は自分たちが日頃感じている点を上手く代弁するものとして映るのではないか。

1年前に比べて、第三次世界大戦の危険性を指摘する識者や専門家の数は非常に増えている。これが毎日のようにインターネット上で英語世界の情報を検索しようとしている私の率直な実感だ。
===============================
続きます。



takigawa
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)