fc2ブログ

リーマン・ショック以降、「倒産」件数は減少。ただ、「倒産と廃業」の合計件数は高水準で推移している

大阪の不動産業者社長さんから「長年地域密着でやってきたが、ここ数年は企業の倒産よりも廃業が目につく」との話を聞いた。

大手新聞等で最近報道されていた「アベノミクスに一定効果」「日本経済回復基調」「倒産件数減少」(参考:リンク)などのプラス面でのニュースが頭にあったので、彼の話は新鮮でした。

確かに、東京商工リサーチのHPを見てみると、きちんと書いてありました。以下、引用です。

〉2015年の休廃業・解散件数は2万6,699件(前年比2.4%減)で、2年連続で前年を下回った。だが、リーマン・ショック後の2009年以降、2万5,000件以上の高水準で推移している。2015年の企業倒産は25年ぶりに9,000件を下回った。この流れと対照的に、後継者難や業績ジリ貧などビジネスモデルの不透明感を払拭できず、事業継続を断念する中小企業が依然として多いことがわかった。

〉企業倒産の減少ぶりが際立つなか、休廃業・解散は高水準を持続し、2015年の年間の倒産件数8,812件の3倍にのぼった。また、「倒産」と「休廃業・解散」の合計は、リーマン・ショック直後の2009年(4万877件)には及ばないものの、依然として3万5,000件以上で推移している。
(リンク)




竹村誠一
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)