FC2ブログ

ロッキード事件の真相を闇に葬るためのNHKドキュメンタリー(田中良紹氏)①

『ロッキード事件の真相を闇に葬るためのNHKドキュメンタリーー(田中良紹氏)』(市村 悦延 · @hellotomhanks )リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
40年前の7月27日午前6時、フーテンは東京地検の玄関前でロッキード事件で逮捕される政治家を待ち受けていた。前夜、夜回り先の川島興特捜部長がいつもとは異なる行動を見せたことが政治家逮捕を予感させ、TBSは早朝から検察庁の建物を見張っていた。午前5時、見張り役から検察幹部が出勤してきたと連絡があり、フーテンはすぐに宿泊していた赤坂のホテルから東京地検に向かった。玄関先には数社の記者しかいなかったが、混乱を避けるロープが張られるのを見て、政治家逮捕の予感は確信に変わった。午前7時半、夏の日差しが強くなりかけたころ黒塗りの車が地検の玄関先に滑り込み、右手を挙げて降りてきたのは予想もしない田中角栄前総理大臣であった。TBSはすぐに放送を差し替え、田中逮捕の報道特別番組に切り替えた。

その時NHKの司法担当記者は現場にいなかった。泊まり勤務の警視庁担当記者が警視総監を探して確認を取ろうとしたが、警視総監も検察の田中逮捕を知らされていなかった。確認に手間取ったNHKが特番を組んだのはTBSより1時間以上も遅れてからだ。関係者にはよく知られた話である。

ところが23日に放送されたNHKスペシャル「ロッキード事件の真実」では、実録ドラマではあるがNHKの司法担当記者が現場にいて車から降りてくる田中角栄氏を見るシーンがある。ドラマ仕立てであれば捏造は許されるということだろうか。

翌24日の続編はドキュメンタリー番組だったが、こちらにも意図的な編集が施され「ロッキード事件の真相」は捻じ曲げられている。原点とも言うべきアメリカがロッキード事件を暴露した理由についてはほとんど触れず、アメリカ政府による軍用機P3CとE2Cの売り込み工作が背景にあったことを「新たな真相」のように見せているが、ここでも田中角栄の名前だけが出てくるように作られている。

アメリカ側がロッキード事件で公表した日本人の秘密資金受領者は児玉誉士夫だが、E2Cの売り込みでアメリカ証券取引委員会が公表した秘密資金の受領者は岸信介、福田赳夫、中曽根康弘、松野頼三の4人である。

ところがNHKの番組ではいずれのケースも政治家名は「田中角栄」だけだった。これを国民の目を「ロッキード事件の真相」から目をそらせる「隠ぺい洗脳工作」と言わずに何と言うべきか。

フーテンは石原慎太郎著『天才』(幻冬舎)について「ロッキード事件の大ウソ」というブログを書いた。それはアメリカがロッキード事件を暴露した理由を「田中の資源外交がアメリカの虎の尾を踏んだ」とする田原総一朗の説を採り入れていたからである。
----------------------------------------------------------------
続く



猛獣王S
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

裁判所の深謀遠慮? 受け子を無罪として犯人逮捕を目的とした受け子は無罪

  裁判所の深謀遠慮? 受け子を無罪として犯人逮捕を目的とした受け子は無罪、 特殊詐欺撲滅に効果ありを望む、先日(9月12日)、福岡地裁でたいへん興味深い判決が言い渡されました。 いわゆる振り込め詐欺の被害が深刻になっていますが、警察は被害者がだまされたふりをして、犯人をおびき寄せる「だまされたふり作戦」を発動し、犯人逮捕につなげています。この事件でも「だまされたふり作戦」が発動されたので...