FC2ブログ

安倍首相の発言、長時間労働が少子化や女性の活躍を阻む原因と言うのは真っ赤なうそ

安倍首相が1億総活躍国民会議で、「長時間労働は仕事と子育ての両立を困難にし、少子化や女性の活躍を阻む原因となっている」と指摘したリンクそうですが、事実は全く違います。

労働者1人平均年間総実労働時間の推移を見ると、昭和35年2432時間だったのがリンク平成25年は、1746時間(約70%)リンク。これに対して合計特殊出生率は昭和35年2.0だったのが平成25年1.43(約70%)。リンク

労働時間が減少するのに、ほぼ比例して合計特殊出生率も減少しているのが事実。

また、女性の就業率については、既に70%に達しアメリカを超えており、これ以上何をしても増えないという報告もあります。リンク

ここでは、女性の就業率が高い国ほど出生率は低いと説明されており、どう考えてもそのほうが正しそうです。

「保育園落ちた、日本死ね」で大きな批判を浴び、本人出て来いと暴言を吐いて、さらに評価を下げた安倍政権が、失政を隠蔽するために、少子化の原因を労働時間のせいにして、誤魔化そうとしているのは明らかです。



野田雄二
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)