FC2ブログ

STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明

やっぱり…
リンクより転載

========
小保方晴子氏が発見した「STAP現象」が、アメリカの研究者グループによって報告されていた。2015年11月27日に英国科学雑誌「ネイチャー」姉妹版のオープンアクセスジャーナル「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」に掲載された。

それは、米テキサス大学医学部ヒューストン校のキンガ・ヴォイニッツ博士らが、負傷したマウスの骨格筋から幹細胞になる新規の細胞集団を発見したと論文で発表したものだ。題名は『損傷誘導性の筋肉由来幹様細胞』で英文の頭文字「injury induced muscle-derived stem cell-like cells」からiMuSCsと名付けられ、それを証明したものはヴォイニッツ論文と呼ばれている。キンガ博士は同論文の要旨をこうまとめている。

「我々は最近、損傷を受けたマウスの骨格筋のなかに、新しい幹細胞の集団を発見しました。このiMuSCsは、分化した筋原性細胞が部分的に初期化されたものであり、多能性によく似た状態を示しました。」

同論文では、マウスの骨格筋肉の細胞が怪我の外的刺激によって初期化の変化が見られ、それを単離して培養したところ、細胞が多能性を示し、幹細胞状態(ES細胞様)になった成果を報告している。iMuSCsでのキメラマウス実験では、皮膚、筋肉、心臓、肺、腎臓、脾臓、および脳などの組織をつくったことが証明された。しかし、生殖機能の臓器をつくる能力はまだ証明できておらず、今後の研究の発展が期待される。

同論文には、小保方氏がストレス刺激で細胞の初期化を報告した「STAP細胞論文」の実験結果とよく似た部分があり、いくつかの共通点が確認できる。それは、「外的刺激で体細胞が初期化し、分化が可能な多能性を示した」という部分だ。つまり、STAP現象が確認されたということになる。

では、そもそも STAP現象とはなんだろうか。

それは14年1月30日に「マイナビニュース」に掲載された記事『理研など、動物の体細胞を万能細胞(多能性細胞)へと初期化する新手法を開発』に詳しく書かれている。概略すると、同記事では細胞外刺激による体細胞からの多能性細胞への初期化現象をSTAP現象、それから作製された新たな細胞をSTAP細胞と呼ぶ、としている。

つまり、キンガ博士は損傷したマウスの骨格筋からSTAP現象を確認し、それを取り出して培養し、多能性を持たせた細胞をiMuSCsと名付けたのだ。発見と作製方法は違っていても、理研が定義したSTAP現象と同じ原理だといえよう。
==========
転載以上



takigawa hayami 
スポンサーサイト



コメント

個人でなく組織の成果と言うが。個人成功PR新聞でなくみんなで総がかりで大船救いを試みるべき。旧パラダイムを超えろ

(やっぱりは個人主義自己PR臭では)。
そも本人が嘘をついた問題ではなかったかstap問題は。俺は直感で報道トーンで「?」と思ったけどな。訂正でも小保方本人は感情爆発で抗議しなかったし。逆にまるで不正を隠す会見にしか見えず。グダグダでも女だから許されるみたいな空気だった。比してもう一人の窃盗科学者は徹底非難され轟轟。どうやら別の根源問題を抱えるこの国である。外国のフェミニストはもっと大人である。占領車両でも反対する真逆ぐらいに。異常女権国。ヒトラーの予見した幼稚集団は日本の片側に見事に培養されている。異常な国である。
理研の日本技術。しかしその前に総合科学の定義こそ科学哲学。未だなしと言う。自然科学パラダイム環境問題の限界。まして不純悪辣オブラートなら。
前にこう書いた。一部抜粋加筆修正調整。
[戦前は植民地解放。戦後は方舟選民思想でない大船の生き生きへの掬い解放こそ日本人使命である]
まるで地球号よりも生命船を創造できるか否かの戦後日本の境地か。
自称アクエリアス方舟計画の選民思想を超えれるのか日本人は。日系人も言うまるで米人な個人主義だらけの戦後レジームで果たして可能なのか。
戦前は選民思想植民地から人類を解放した。戦後は選民思想の偽コロンブス新世界構造から個人個別主義の細分化主義から人類を解放できるか。アマテラスのように。個別分割思想ではミニチュアsfでは限界。ある種の封建制か新封建制で漸く現代との差異が見える、新全体主義での戦略こそである個人自己中実現$ucce$$ではない。(統制主義が逆に人類を伸ばすと言う)。類も少し近い封建論は書いている。
(あの報道は残念ながら印象操作ありで純粋大義でなかった記憶がある個人自己PR臭がプンプン)。そういうコンセプトと教養思想では個人主義で白人的な成功主義であり、戦後の大東亜戦争のような根源大義には届かないだろう。以下略。


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

参院選の改憲勢力阻止が重要だが・世界では英国のEU離脱が触発する世界経済崩壊阻止が重要だ

 参院選の改憲勢力阻止が重要だが・世界では英国のEU離脱が触発する世界経済崩壊阻止が重要だ、【フランクフルト時事】巨額の不良債権を抱えるイタリアの銀行の経営をめぐり不安が高まっている。 年初から下落していた銀行株は、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受け暴落。長引く景気低迷で不良債権は積み上がる一方で、健全化の道筋は見えない。激震に見舞われるEUに新たな危機をもたらす火種となりかねない、に関連...