fc2ブログ

鬼畜の政府! また国民を苦しめる計画を練る

気になる記事があったので紹介します。

以下リンク


毎月、約30万円が無条件で国から支給されることとなる国民投票が
今年の夏に行われます。

たぶん賛成多数で決まることは間違いないでしょうね。

と言っても日本のことではないですよ。

これは永世中立国スイスでの話です。
リンク

わが日本はどうかというと、国民への還元とは程遠く、逆に搾り取る
計画が立てられいます。

貯金に税金をかける「貯蓄税」と、

死んだときにも税金がかかる「死亡消費税」

を安倍自民党は検討に入りました。

日本経済の足踏み状態に業を煮やした安倍政権は、個人や企業が
貯め込んでいる資産を吐き出させようとなりふり構わぬ“北風政策”
を打ち出し始めている。

要は“太陽政策”とは異なり、辛い目に遭わせることで、カネを出さ
せようという作戦なのである。
政府内で検討されているのが「貯蓄税」と「死亡消費税」だ。

貯蓄税は、今年から運用開始されたマイナンバー制度の導入により、
国民の貯金額の把握が容易になったことで現実味が増しつつある。

文字通り、貯蓄に対する税で、“貯める者にペナルティ”を与える
ことで、強制的に口座からカネを掻き出す乱暴な政策だ。

死亡消費税は3年前、首相官邸で開かれた
「社会保障制度改革国民会議」で飛び出した。
死亡時に残った遺産に一定税率をかけて徴収しようというもので、
控除額が設けられている相続税と異なり、すべての国民が課税
対象になる。

新税に対する布石はすでに着々と打たれている。昨年1月から相続
税が増税され、最高税率が55%に引き上げられた。これに伴い、
生前贈与(子供や孫へ住宅購入資金や教育資金を非課税で贈与する
仕組み)の件数が急増し、潤沢な資産を持つ高齢者から現役世代
へ資金の大移動が起こったのだ。

こういう具合に日本政府が国民に突きつける課題と言うのは、増税か
憲法改正しかないんですね。

これとは別に更に10%消費増税が決まってるのは先刻承知ですね。

「一億総活躍社会」と言いながら、安倍内閣は今年4月から9年ぶりに
「介護報酬」を引き下げたため、ますます介護業界は人手不足に
陥っているのです。

報酬を下げて、どうやって活躍しろというのか。
スローガンと、やっていることは逆じゃないか

今は正社員より非正規のほうが多いわけですが、非正規世帯の
4割が「赤字」という結果も出ています。

さらに生活の苦しさからかアルコールに逃げる人が増えているよう
ですね。

夢や希望に溢れている人は決してアルコールには逃げないと思います。
それだけ日本が生き辛い状況に陥っているということです。
親世代が夢や希望を失くせば子供にも即、影響が出てきます。
子どもの自殺が過去、最悪なのです。
つまり上級国民以外、日本国民のほとんどが苦しんでいるのです。

しかし、こういう危機的状況に庶民が陥ってると言っても、現に、
安倍内閣の支持率は上がってるではないか、と言う人がいます。

特にネトウヨは得意満面に言ってますね。

なぜ支持率が上がっているのか?

答えは簡単です。


捏造だからです。

ネトウヨが普段から認めてるではないですか。
マスゴミは信用するな、と。
なぜ支持率に限って信用するのか不思議ですね。
街頭インタビューでも「やらせ」をやってる証拠は山ほどあります。

このブログでも証拠を挙げて散々暴いてきました。

そんなマスコミ調査が信じられるわけがないじゃないですか。

一昨年の「デング熱」騒動のときから捏造が一段と激化しています。
ほとんどの庶民は国に疑問を持ちながらテレビを見ているわけで、
そのテレビが、
「景気は上がって給料を上げている企業も増えてますよ
「アベノミクスは成功で、どんどん成果は出てきてますよ」
「安倍内閣の支持率が、また上がりました」
と言う。
ネットでは、ネトウヨやネトサポが、自分の給料は上がった、
と書き込みます。

しかし、生活はさっぱり良くならないわけで、でも、テレビで政府が
良くなるといってるんだから、そのうち良くなるだろうと現状維持を
続けるのが庶民と言うものです。
なぜなら、いつまでも答えの出ない疑問など考えてる余裕がない
からです。

そうしている間に個人的トラブルで、上のようにアルコール依存に
なったり自殺したりしてしまうんですね。
つまり本当に困ってる人は支持率調査などには引っかかって
こないということです。

そして火事場泥棒のように、人の災難に乗じて金を掠め取っていく
のが政府だと言うことです。




匿名希望
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スコットランドは早くも独立しEU残留の意思を明確に・EU側も会談に応じ理解を示した、英国の分裂は近そ

 スコットランドは早くも独立しEU残留の意思を明確に・EU側も会談に応じ理解を示した一方、イギリスのキャメロン首相はEU側との会談も実現せず空しく帰国した、英国の分裂は近そうだ、[ブリュッセル 29日 ロイター] - ブリュッセルを訪問中の英スコットランド行政府のスタージョン首相は、国民投票では欧州連合(EU)離脱の結果となったが、スコットランドは残留する意向を明らかにした、に関連する最新の...