fc2ブログ

マイナンバーは、IoTに乗り入れ、神経政治学に利用される(1)

カレイドスコープリンクより引用します。
*****************************
■マイナンバーは、最終的には、バイオメトリクスからニューロポリティクス(神経政治学)につながる。

2020年、モノとモノとが交信する時代が到来する

マイナンバーの隠された真の目的を知るには、2011年7月から地上波デジタル放送に切り替えられた本当の目的を知る必要があります。

・・・その理由は、4年前、当時31歳だったIBMの元社員の証言によれば、
「アナログテレビからデジタルへの強制的な移行は、アナログ周波数帯を空け、その帯域を人体に埋め込み可能なRFIDマイクロチップを読むスキャナーのために使うためである」ということです。(英文のソースは、現在削除されて消失)

そして、彼は次のよう続けました。
「世界全体で、人間と、さまざまな生産物を追跡するのが主な目的である」と。

「さまざまな生産物を追跡する」というのは、端的に言うと、IoT(アイ・オー・ティー: Internet of Things)のとIoE (アイ・オー・イー:Internet of Everything)ことです。

・・・2014年5月1日、ホワイトハウスが公表した報告書では、
「IoTとは、有線および無線ネットワークを介してリンクされた組み込みセンサーを使用して、デバイス同士が互いにデータ通信する機能」と表現しています。

さらに平たく言えば、wi-fiチップなど通信機能を持つデバイスを組み込んだ「モノ同士が、インターネット上で人の操作を介さずに交信したりするインターネットの状態」と言うことができます。

・・・自動運転に必要ないくつかのセンサーや双方向のデバイスがネット上でつながって、ドライバーの介在なしに目的地に安全に運んでくれる夢のようなシステムとして、自民党は「アベノミクス第二ステージの最重要課題」として位置づけていますが。

しかし、それを力説している政治家たちは、実は何一つ理解していません。無能すぎて理解できないのです。

・・・「IoT」や「IoE」という概念は、どこから出てきたのかというと、王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)によって発起された『インターネット統治に 関する世界委員会』から出てきた「インターナショナル・ガバナンス・イノベーション(CIGI)」という一段上の概念から派生した考え方です。

文字通り、世界支配層による「地球上のインターネットの統治とコントロール」のことで、地球上のトラフィックのすべてを検閲し、世界政府による全世界的なマインド・コントロールが本格的に始まるということです。

これは、王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)の他、外交問題評議会(CFR)、国連が推進の主体となっており、この概念は、さらに上位の「アジェンダ 21」に包含されます。(メルマガ第73号・パート2「デング熱/超小型蚊ロボットによって、パンデミックを引き起こすことも可能」に詳述。今、このとおりのことが始まりつつある)

そして、「アジェンダ21」をさらに発展させた全包括的な概念が「2030アジェンダ(2030の課題)」です。

ローマ教皇フランシスコが、ローマ教皇としては初めて国連で演説を行った今年9月25日、グローバリズムのこの新しい計画が国連総会で発表されたのです。

この「2030アジェンダ(2030の課題)」は、最終的な形としては、新世界秩序のメガシティー構想「アメリカ2050(America 2050)」として結実し、最初に洗脳やマインドコントロールによって市民を統治した、歴史上もっとも成功した都市国家のひとつ、バビロンのような巨大都市に奴隷市民が押し込められて、24時間監視下に置かれる、ということになります。
(詳しくは、メルマガ78号・パート2「アメリカ人も知らない密かに進められている『新世界秩序のメガシティー構想』」参照)




佐藤晴彦 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)