fc2ブログ

マスメディアの歴史(その2)

(その1)の続きです。

***

③新聞⇒テレビ⇒第一権力化
○江戸のメディア=瓦版
・江戸時代のメディアは、瓦版という新聞のような一枚刷り(木版)の雑誌のようなもの。主に天変地異や大火、心中など時事性の高いものや政治以外の社会ニュースを伝えていた
→明治に入ってからは、新聞にとって代わり衰退(活版印刷技術と木版の情報伝達スピードに差があった)

○幕末~明治に新聞発行
・幕末の開国以来、居留外国人用に英字新聞をわずかに発行。幕府は外国船が運んだ海外の新聞を翻訳させた“翻訳新聞”を読むことで情報収集を行う。日本語新聞は幕府が出版物を厳重に規制。加えて、新聞の編集・発行の知識と印刷技術がなかった
・戊辰戦争で、国内が混乱してくると、全国で「今、何が起きているのか」とニュースを求める声が高まる
→英字新聞の発行に携わっていた旧幕臣が、日本語の新聞を発行(「中外新聞」(明治元年創刊))
→旧幕臣など幕府を支持する者が多かったため、薩長中心の藩閥政治を批判する記事が多く、即発禁

○政府の御用メディアとしての新聞
・明治2年に新政府は、「新聞紙印行条例」を発布し、検閲を受けることを条件に、許可を得た新聞の発行を認める。明治8年には、 新聞・雑誌の反政府的言論活動を封ずるための「新聞紙条例」を制定。
・明治3年、木戸孝允の出資により、『新聞雑誌』が発刊
・明治4年、前島密による『郵便報知新聞』(現・報知新聞)
・明治11年創刊 大阪朝日新聞は政府(伊藤博文など)と三井銀行が資金援助する御用新聞
・明治21年、伊藤博文の腹心・伊東巳代治が、『東京日日新聞』(現・毎日新聞)を買収し、伊藤系長州閥の御用新聞を発行

○戦争報道でマスメディアに成長
・一般の新聞読者の興味を引くものは、戦争報道のような大事件。
・日清戦争(明治27年-)と日露戦争(明治37年-)における戦争報道は、人々の興味を引き、その結果、発行部数を飛躍的に伸ばす。これを機に新聞は、社会的地位を一気に上げ、マスメディアとしての地位を獲得。

○テレビによる戦後の日本統治
・敗戦後は、武器を持ったアメリカの進駐軍が日本全土に駐留し、治安の維持を確保。昭和27年にGHQ(連合国総司令部)が撤退した後は、CIAなどのアメリカ政府の情報機関が対日政策の主導権を握る
・その情報機関が主導した日本支配計画として導入したものが、日本のテレビ放送
→テレビ放送は、アメリカによる「日本国民・支配装置」。日本の当時のテレビシステムは、すべてアメリカ式のものが流用。当時のテレビ番組は、反共産主義的な内容や、アメリカが憧憬の的になる内容が意図的に放映された

○マスコミの第一権力化
・70年貧困消滅による、序列原理から共認原理へ統合原理が移行
・社会の安定→恋愛と消費に支えられたマスコミが共認収束の流れに乗り、第一権力化(国家権力と肩を並べるor上回る)

(参考)
THINKER マスメディアが伝えない“新聞・テレビの歴史といま”
リンク
ガジェット通信 【日曜版】新たに聞く~日本の新聞の歴史~【第一回 かわら版と飛脚】
リンク



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)