FC2ブログ

「小保方博士潰し」に加担した東大教授たちの「言説」を徹底検証する。

 文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』 に、STAP細胞問題について、興味深い記事があったので、紹介します。

 ノーベル賞レベルの「先端研究」の中身には、興味を示さず、ひたすら論文の書き方を批判する東大教授たちのおかしな構造を明快に解き明かしています。
 「正しい」けど、何の役にも立たない論文を書くことを仕事にしている東大教授の生き方の貧しさが背景にあるという指摘は説得力があります。リンク

 東大理学部教授たちは、博士論文の書き方というような「教育」にしか興味がなく、ノーベル賞レベルの「先端研究」には興味がないらしい。どうしてだろう。むしろ、彼らは、「先端研究」や、それにたずさわる研究者たちを、抑圧=排除する側に回っているのではないか。

 何故、東大教授たちは、「研究」そのものに無関心でいられるのか。何故、彼らの関心は、「博士論文の書き方」に集中するのか。彼らは、コピペやパクリはないが、箸にも棒にもかからない博士論文を無事書き上げて、どこかの大学や研究所に就職し、無難な学者生活を定年まで送ることが念願なのだろうか。

 彼らが、「小保方博士潰し」に加担したのは、自分たちの人生の貧しさを、つまりその生き方の貧しさを、「小保方博士的生き方」が、あぶり出したからではないのか。

 彼らは、「小保方晴子博士」を、詐欺師か泥棒猫のように見なし、自分たちの業界から排除し、追放することの方に一生懸命のように見えるが、何故なのか。研究者仲間の一人として、マスコミのバッシング報道から救い出してあげようとする人が、一人もいないのは、何故か。

 僕は、「小保方博士潰し事件」を見ていて、沖縄返還時にあった「外務省機密漏洩事件」(いわゆる西山事件」)を思い出した。日米間に機密はあった。そしてその機密情報を毎日新聞・西山記者が取得した。その後、機密漏洩事件の犯人として西山記者は逮捕される。

 しかし、その時も、マスコミは、防衛機密漏洩事件として騒がずに、西山記者と外務省女性職員のあいだの「不倫事件」として騒ぎ立てた。そして西山記者は、社会的に抹殺される。

 しかし防衛機密は存在し、漏洩した情報も正確だった。不倫事件の前で、防衛機密の問題は吹っ飛んだのである。

 今回も、stap細胞研究という大問が存在する。しかし、論分の不正事件を騒ぎ立て、stap細胞問題を隠蔽し、なかったことにしようとしている。東大教授たちが、stap細胞研究など、どうでもいいかのように、博士論文やnature論文の不正を騒ぎ立て、「小保方博士」を社会的に抹殺しようとしている。マスコミも東大教授たちも、無自覚なままに、その片棒を担がされたているのである。



がっちゃん
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高齢者や子供の生活に希望が、京都府立医科大学の渡辺教授らが夜間の頻尿や子供の夜尿症解明に重要知見を得

 高齢者や子供の生活に希望が、京都府立医科大学の渡辺教授らが夜間の頻尿や子供の夜尿症解明に重要知見を得た、尿をためる臓器の膀胱(ぼうこう)が、尿を吸収する機能も併せ持つ可能性が高いことを、京都府立医科大の渡辺泱名誉教授らが突き止めた。高齢者の頻尿や子どもの夜尿症の新たな原因解明につながるという。日本泌尿器科学会誌にこのほど発表した。 膀胱は、腎臓で作られた尿の貯留機能を持つが、吸収はしないと...