FC2ブログ

【STAP細胞】小保方さん、早大の博士論文も取り下げへ!小保方さんは心神喪失状態に・・・

STAP細胞の論文について、小保方さんが不自然なくらい集中砲火を浴びています。こちらの記事は、その流れに異を唱えています。正直私も、マスコミの集中砲火には違和感を感じていたため、このような意見も見ていきたいところです。

以下、リンクより引用。

STAP細胞を発見した小保方さんが、早稲田大の博士論文を取り下げる意向を関係者に伝えていたことが判明しました。正式な申し出はまだのようですが、早稲田大学の教員には伝えられているようです。小保方さんは一連の騒動で、かなり精神的に追い詰められているようで、現在は心神喪失状態になっていると言われています。マスコミ、ネット、雑誌、学会等から集中攻撃を受けている小保方さんですが、実際にはSTAP細胞の存在その物が否定されたわけではありません。

武田教授が説明したように、論文に著作は無いですし、画像の流用もあまり良くはないですが、論文を取り下げるような問題では無いです。海外では猿などを使ったSTAP細胞の実験も成功していますし、STAP細胞をこれで否定している連中は、利権団体と同じだと言えるでしょう。
まあ、それほどSTAP細胞が物凄い発見で、従来の医療や薬、学会の概念が変わってしまう程の力があるのだと思います。だからこそ、マスコミを含め、あらゆる手段を使って、潰そうとしているのです。そろそろ、私達が彼らに振り回されないようにしないと、本当に良い発見や良い政治家がドンドン無くなってしまいます。


☆<STAP細胞>小保方さん 早大博士論文取り下げの意向
URL リンク
引用:
 新たな万能細胞「STAP細胞(刺激惹起<じゃっき>性多能性獲得細胞)」の作製を発表した理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダーが、2011年に博士号を取得した早稲田大の博士論文を取り下げる意向を、関係者にメールで伝えていたことが分かった。小保方さんの博士論文を巡っては、別の文献とほぼ同一の記述があったことなどが指摘されており、早大が調査を進めている。

 早大関係者が取材に明らかにした。また、早大広報課は「大学への正式な申し出はないが、学内の教員に意向が伝えられたことは把握している」と説明した。
:引用終了

☆小保方さん会見の意思も…「申し訳ない」繰り返し「心神喪失の状態」
URL リンク
引用:
 STAP細胞の論文に不適切な画像データなど数々の疑義が寄せられている問題で、理化学研究所の調査委員会は14日、都内で中間報告の会見を行い、「論文の体をなしていない」と撤回を求めた。小保方晴子研究ユニットリーダー(30)らは文書で謝罪し、論文取り下げの意向を表明。小保方氏は画像や文章の流用が指摘されているが、最近の様子について理研関係者は「精神状態が良くない」と明かした。

 1月28日の会見で“万能細胞”作製を発表して以来、公の場から姿を消している小保方氏はこの日の会見にも出席せず、共著者2人との連名でコメントを発表。「混乱をもたらしていることについて心よりおわび申し上げます」と陳謝した。

 指摘される不備については「論文を取り下げる可能性についても所外の共著者と連絡を取り検討しております」と表明。「適切な時期にあらためて説明する機会を設け、誠意を持って対応する」と、調査委員会の調査結果が確定し次第、会見を開く意向を示唆した。

 会見では、研究担当の川合眞紀理事が小保方氏の近況について「現在、発生・再生科学総合センター(CDB)のある神戸市におり、未熟であったことに関しては、非常に反省の言葉を述べている」と明かした。
:引用終了

引用終わり。




匿名希望
スポンサーサイト



コメント

No title

いや イントロコピペなだけで普通研究者失格だから.
なんの言い訳もできないよ
それくらいわからんのか

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国民保健でマイナンバーは十分代行できる、マイナンバーは国民個人にではなく議員が持つ全ての外部団体に割

 国民保健でマイナンバーは十分代行できる、マイナンバーは国民個人にではなく議員が持つ全ての外部団体に割り当てよ、そうなれば議員汚職は払拭できるし国民の税負担を減らせる筈だ、全国民に12桁の番号を割り当てるマイナンバーカードをめぐるシステムが危機に直面している。カードを発行する地方公共団体情報システム機構のサーバーで原因不明のシステム障害が1カ月以上にわたり1日に1回のペースで発生していること...