FC2ブログ

内容を批判せず人をバッシングする「一流」の学者や評論家・・これではダメ

武田邦彦のブログリンクより転載します。
-----------------------------------------------------------
日本の社会が明るくなるためには、いろいろなことを改善しなければならないのですが、そのうち、最初に直しておかなければならないのが、「人をバッシングせず、内容を批判する」ということです。



もしくは、国民が「内容を批判せずに人をバッシングする人を、テレビに出さない、見ない、読まない」ということになれば、だんだん改善されていくと思います。私の経験をもとに、具体的にどのようなことかを整理していきたいと思います。



私が名前を挙げて批判している3人の一人で、かつて東大教授だった安井という男性がいます。この人が私が私立大学にいるころ「リサイクルしてはいけない」という本を出したり、後に「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」の批判として、「私は本を読んでいないが、どうせ書いてあることはいい加減だ。私立大学の人だから売名だ」と大々的に言った。



それを受けて、ある地上波テレビの大手が「私立大学の先生が売名のためにリサイクルに反対している」とこともあろうに、朝8時の番組で私を名指しで非難した。書いてある内容の批判どころか、「本を読んでいないが」、「どうせ私立大学の先生だからいい加減だ」という。



内容どころか、読みもしないで批判する。安井はその数年前、文科省から巨額な「リサイクル研究費」をもらっていた。でも、このような人の言うことをテレビ局も、後に大手の新聞も連載を載せていた。人の書籍も読まずに「私立大学だから」とバッシングするのは「人と思えない不誠実」と言わざるを得ないので、呼び捨てにすることにしている。



次に原発事故が起こり、私は多くの人が被曝を避けられるようにと、頑張った。当然、テレビやいろいろなところに出る機会も多かったが、その時、サンデー毎日に山形県出身の評論家が、「武田は口数が多い。自分の郷里のことわざに**というのがあり、口数の多い奴はウソを言う」と書いた。



有名な評論家だったので、多くの人が注目し、私に警告を発した人もいた。評論家として仕事をしているなら、私が言っている内容について言及すべきであり、口数が多いというようなことで批判するのは人格を疑う。



でも、哀しいことに日本には「他人の意見を静かに聞いて、自分の意見を述べ、その違いが事実の認識なのか、それとも立場なのか、心を開いて話し合う」ことをせずに、社会の指導的立場にありながら、上の例のように「故なきバッシングして、他人を貶めたり、対立をあおる」人がいるのは実に残念である。



日本はそれほど悠々とやっている国ではない。沖縄の問題、TPP,景気、若者の就職、原発の危険性、不安定な年金など多くの問題を抱えている。だから、できるだけ対立に至らず、事実を共有して意見を整理し、合意をしていかなければならないのに、これでは日本が発展するのはむつかしい。



知識人自体が、「他人を罵倒する」より、「事実を確認し、意見が違う原因を明らかにし、合意に向かう」ということに徹することが日本再生の第一歩だ。
----------------------------------------------------------
以上です。



新聞会
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

次期米大統領有力候補のクリントン氏がTPPに反対、就任すれば為替操作に対抗措置を講じ日本等からの輸入

 次期米大統領有力候補のクリントン氏がTPPに反対、就任すれば為替操作に対抗措置を講じ日本等からの輸入価格を米国に有利にすると言明、つまり日本はTPPを批准すべきでない、に関連する最新のWeb情報を引用すると、