FC2ブログ

一番効果的な節電対策は「テレビを消すこと」だ。

原発全停止に至り、またぞろ夏の電力ピークをどうする?とマスコミが煽っていますが、何より効果的なのはテレビを消すことです。節電をアピールするなら、真夏のピークに数日数時間、放送お休みすれば最大規模の貢献になります。が、宿命的な自己矛盾を抱えながら相変わらず放送し続けるのでしょうか。都合の悪いデータは黙殺する姿勢に視聴者は気づき始めています。

週刊ポスト2011年8月19・26日号記事(リンク)
********************************
「こまめに電灯を消そう」「エアコンの設定温度を28度に」――テレビのワイドショーでは、様々な節電方法が連日紹介されている。その一方で、黙殺され続けている一番効果的な節電方法がある。

 それはズバリ「テレビを消すこと」だ。

 興味深いデータがある。野村総合研究所が4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』なるレポート。注目したいのは「主な節電対策を講じた場合の1軒あたりの期待節電量」という試算だ。
 これによれば、エアコン1台を止めることで期待できる節電効果(1時間あたりの消費電力)は130ワット。一方、液晶テレビを1台消すと220ワットとなる。
 単純に比較しても、テレビを消す節電効果は、エアコンの約1.7倍にもなるということだ。
 
この夏、エアコンを使わずに熱中症で亡くなる人が続出している。にもかかわらず「テレビを消す」という選択肢を国民に知らせないテレビ局は社会の公器といえるのか。
 自分たちにとって「不都合な真実」を隠しつつ、今日もテレビはつまらない番組を垂れ流し続けている。
********************************



太刀川省治
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安倍政権は来年参院選対策のカギは低所得者年金受給者のたぶらかしと考え3万円支給を決める

 安倍政権は来年参院選対策のカギは低所得者年金受給者のたぶらかしと考え3万円支給を決める、企業減税・戦争法案強行成立・貧困層増加・消費増税など選挙に不利な情報が満ち溢れているので低所得者救助ゼスチャーで安倍政権の正体隠しが3万円給付となった、自民党の厚生労働関係など合同部会は17日、低所得年金受給者へ3万円を給付する措置など2015年度補正予算案に計上する厚労分野について了承した。合同部会で...