FC2ブログ

ある編集者への手紙

内田樹の研究室から表題記事の紹介です。新潮45の休刊に関する編集者のスタンスを問う興味深い内容です。以下、リンク からの転載です。
*********************************
はじめまして、内田樹です。
メールありがとうございます。
新潮社の友人たちからいろいろと内情は伺っております。
「新潮45」にも三重さんが編集長をしているころは何度か寄稿させて頂きましたので、愛着のある雑誌です。休刊ということになったのは僕も残念です。

このような事態に立ち至った責任はもちろん編集者にあります。
このような局面で、ほんらいならば公的なかたちで、その執筆意図について説明責任を果たし、批判に対して反論するなり、あるいは事実誤認について謝罪するなりして、「新潮45」とともに批判の前面に立つべきときにそれを怠って雲隠れするような人物に寄稿を依頼し、あまつさえ擁護の論陣を張ったという編集者の判断の致命的なミスの「つけ」を新潮社が払ったということだと思います。

出版の社会的使命は何か、それぞれの媒体はどのようなメッセージを、どのような文体において発信すべきか、その企図をどのような人物に託すべきかといったことの決定は編集者の権限に属することであり、それについては責任を負わなければなりません。
それがどれくらいのリスクと覚悟を伴う仕事であるかについて自覚が今回の当事者たちにはあまりにも不足していたように僕には思えました。

とりわけ、僕が気になるのは「新潮45」に掲載された文章の多くに「読者に対する敬意」が欠落していたことです。
「言論の自由について」という文章に書いた通り、出版物のクオリティを最終的に担保するのは、何よりも編集者と書き手が読者にメッセージを差し出すときの「敬意」だと僕は思っています。
できるだけ論理的に書く、ただしいデータに基づく、引用出典を明らかにする、カラフルな比喩をつかう、わかりやすい事例を引く、情理を尽くして説く、どれも「読者に対する敬意」の表現だと僕は思っています。
でも、現在の出版状況を見ると「読者に敬意を示さない」ことでビジネスが成立している場面が少なくありません。ことは出版だけに限りません。僕はテレビというものを観なくなって久しいのですが、それは「視聴者に対する敬意」というものをもうほとんど感じることができないからです。

「敬意」というのは僕の理解では「適切な距離感」のことです。
「鬼神は敬して遠ざく」というときの「敬」です。
白川静先生によると「敬」の原義は「羊頭の人の前に祝禱の器をおくかたち」だそうです。『字通』には「敬はもと神事祝禱に関する字である。それで神に仕える時の心意を敬という」とあります。
それは「親しみ」とか「なじみ」というものと隔たること遠い心意だと思います。
いまのメディアに感じる「敬意の欠如」とは、言い換えると、不適切なまでの親しみ、気持ちの悪いほどの共感(「わかるわかる。そうそうそうそうだよ。そういうことってあるよね、あるあるある」という感じ)を過剰に追及していることだと思います。

「新潮45」の末期のきわだった特徴は「読者との過剰なまでの共感と結託感」を前提に書かれていた文章が多かったことです。
僕はそれを「気持ちが悪い」と感じたのです。そして、それを「気持ちが悪い」と感じない編集者たちの感性につよい違和感を覚えたのです。

LGBTの問題では「自分とは性的指向が違う、自分とは性的アイデンティティーが違う他者」に対して、どれくらい「敬意=適切な距離感」をもつことができるかということが試されたのだと思います。
よくわからないことについては語らないというのも一つの敬意の表現だと僕は思っています。
「わからない」「よく知らないこと」について平然と断定的に語る人たちは、自分が言うことにつねに同意してくれる「自分と同じような読者」を前提にして語っているのだと思います。
「身内の語法」で語ること、それを「敬意の欠如」というふうに僕はとらえるのです。
僕はそういう人たちを表現者として評価することができません。
自分の書いたものがそこで論じられている当の人たちに読まれる可能性について想像もしていないということが「敬意を欠いた」文章の特徴です。
ネトウヨメディアの寄稿者たちの特徴は、自分の書いたものが韓国語や中国語に翻訳されて読まれる可能性についてゼロ査定している点です。
外国の読者に届くようには書かれていない。
ほんとうに彼らが真実を語っていると信じているなら、それは「身内以外」の読者たちが読んでも(韓国や中国の読者が読んでも)十分にリーダブルなものであるはずですし、せっかく書く以上、身内以外の読者が読んでも十分にリーダブルであるように書くべきだと僕は思います。
そのような配慮を僕はほとんどこれらの書き手から感じることができません。
それを僕は「敬意の欠如」と呼んでいるのです。

今のメディアが陥っているピットフォールは「読者の共感を得ること」を目的としていることだと思います。
「わかるわかる」を共有できる読者や視聴者だけに向けている、でも、そうやって「親しみ」や「なじみ」に依拠してコミュニケーションを構築しようとする限り、そのような表現を受け容れるマーケットはひたすら狭隘なものになるしかありません。
コミュニケーションを基礎づけ、それを広げてゆくのは「敬意」です。「身内の親しみ」ではありません。
そのことをこれから編集のお仕事をされる上でときどき考えてみてください。
(転載終了)




蒔田一雪
スポンサーサイト



Web上の情報で重要なものなど、1割もない

インターネットの普及で情報の収集には大変便利な時代になりましたが、そこから得られる情報には限りがあります。
大事なのは、その情報をどう使うか。仮説を立てて、膨大な情報を構造化し、事実を掴むことが必要。そのためには、現実を直視し、自らの潜在思念からの欠乏を生起させることが重要だと思います。

以下リンクより引用。
グーグルであらゆる情報に自由にアクセスできるつもりになっていても、検索の予測変換やSEOに誘導されており、気づかないうちに他人が規制し、誰があなたに意思的に見せたい情報へと誘導されているのだ。これは想像以上に怖いことのような気がします。

Web上の情報で重要なものなど、1割もない。だから、哲学者の東浩紀さんが言うように「グーグルで検索するキーワード」を変えるために旅に出て環境を変え、旅先では「新しい情報」を得えるのではなく、「新しい欲望」に出会わなければならないのでしょう。

グーグルの予測変換に誘導されている限り、閉ざされた狭い世界に生きていることになる。大切なのは、Web上で習得した重要な10%の情報を元に、残りの足りない90%をストリートで見つけることなんじゃないだろうか。

経営コンサルタントの大前研一さんが駐車場の料金精算機に入っているお金は、景気が良いと1万円とピン札が多くなり、景気が悪い時は1000円札と100円玉、さらにはシワくちゃのお札が多くなると言っていました。

経済アナリストの予測をただただ鵜呑みにするのではなく、こういったミクロのソースに触れているかが長期的な結果を大きく左右していくような気がします。ブラウザーを閉じても、終わらない世界をもっと体験しにいかなければなりません。




仙人掌

トランプ大統領が「真珠湾攻撃を持ち出して日本を非難」とワシントン・ポストが捏造報道

真意は、「日本も昔は他国と戦争していたのだからもっと防衛費を増やせ」というものらしく、商売人らしい物の言い方だが、それを全く異なる意味で伝えるワシントン・ポスト、さらに鵜呑みにして国内に伝えるFNN。

「フェイクニュースは国民の敵」というトランプのまっとうな発言ですら、「メディアは国民の敵」とすり替えた報道もあったが、国内外を問わずマスコミの問題は申告のようである。

以下引用する
リンク

トランプの真珠湾の真意
トランプ氏「真珠湾」発言 安倍首相に“不満” - FNN.jpプライムオンライン
6月にアメリカで行われた日米首脳会談で、トランプ大統領は「アメリカが日本の防衛費を負担して、対日貿易赤字も解消されなければ、ダブルパンチになる」と不満を表明した。そのうえで、「真珠湾攻撃を忘れていない。日本も昔はもっと戦っていただろう。日本も周辺国ともっと戦うべきだ」と述べた。

この「パールハーバー発言」は、そもそもアメリカの新聞「ワシントン・ポスト」が、トランプ大統領が安倍首相に対して、「真珠湾攻撃はひきょうだった」と非難する、「アイ・リメンバー・パールハーバー」、つまり、「真珠湾攻撃を忘れないぞ」という言葉を使って、通商問題で譲歩を迫ったと報じたことが始まりだった。

しかし、関係筋などによると、この時トランプ大統領は、「日本はかつて真珠湾を攻撃したほどの軍事強国であったじゃないか」と。「防衛費をもっと増やすべきだ」という意味で発言したもので、通商問題で日本を非難する意味ではなかったとしている。

また、トランプ大統領は、「パールハーバー」と発言したものの、「あのひきょうな攻撃を忘れないぞ」という批判的な意味、言い方はしていないとのことだった。

どこの国のマスコミもマスゴミってことですかね。どうせなら「日本はかつてロシアに勝ったじゃないか」とか言えばいいのに。それにしても売国フジテレビにしては珍しいニュース。

それにしても俺たちの世代は「戦争は悪いこと」と小学校から教えられて育ったわけだけど、その発端はなんなんですかね?洗脳のレベルだよね…。GHQの陰謀という説もあるが、これ自体どこまで信憑性があるのか…。

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム - Wikipedia
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(英語:War Guilt Information Program、略称:WGIP)とは、文芸評論家の江藤淳がその存在を主張した、太平洋戦争(大東亜戦争)終結後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、以下GHQと略記)による日本占領政策の一環として行われた「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」である。ウォー・ギルトと略されることもある。

日本の武装放棄という点でアメリカと共産圏の傀儡である左翼の利害が一致したとしか…。困ったものだ。戦争は悪ではない。必要なこと。その証拠にどの国もやってるわけで。敗戦の呪縛からそろそろ逃れるべき。




渡辺卓郎

安倍降ろしに舵を切った朝日の覚悟

安倍政権の存続は、マスコミの動き方にも大きく左右される。
他社の動きがどうなるか?

天木直人のブログより引用します。
リンク

///////////////////////////////////////////////////////////////////
(引用開始)

 森友疑惑の文書改ざんを大スクープして安倍首相を窮地に追い込んだ朝日だが、今度は裁量労働だ。

 きょう3月4日の朝日が一面トップで報じた。

 裁量労働制を全社的に違法に適用し、昨年末に厚労省東京労働局から特別指導を受けた野村不動産の50代の男性社員が、過労自殺し、労災を認定されていた事がわかったと。

 そして朝日は次のように断じている。

 「安倍政権が旗を振る労働時間制の緩和に対し、懸念の声が膨らむのは必至だ」と。

 この朝日のスクープ記事は、週明けの国会審議で、野党の追及に大きな武器を与える事になる。

 そう思って二面に目を通したら、さらに衝撃的な記事が掲載されていた。

 なんと伊藤詩織さん事件をきっかけに起きた「私たちも行動する」の大特集記事を掲載したのだ。

 あきらかな強姦容疑でありながら、その容疑者が安倍首相に近い御用ジャーナリストであったため、警察、検察総ぐるみでもみ消された、あの、女性の敵である忌まわしい事件を、朝日は忘れていないぞという意思表示だ。

 実際のところ、一連の安倍忖度行政の中で、この女性暴行事件のもみ消しほど悪質なものはない。

 私はこれら一連の記事を見て確信した。

 どうやら朝日は覚悟を決めたようだ。

 世論を喚起して安倍首相を引きずり下ろすつもりだ。

 私はきのうのメルマガで書いた。

 憎っくき朝日に倒されては安倍首相は死んでも死に切れないと。

 しかし、朝日もこう思っているに違いない。

 いやしくも天下のリベラル紙朝日だ。

 腹痛で敵前逃亡した政治家失格の安倍晋三ごときに潰されるようなことは、朝日人の名をかけて許さないと。

 果たしてこの勝負、どちらが勝つだろう。

 死んでも死にきれない安倍首相は頑張るだろう。

 しかし、その頑張りも限度がある。

 私は朝日に分があると思う。

 権力に屈服してマスゴミと揶揄される最近のメディアだが、その気になれば国家権力をも倒せるのだ。

 その事を証明してもらいたい。

 朝日に続くメディアが出てくれば、安倍政権は一気に崩壊に向かうだろう(了)

(引用おわり)
///////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 




匿名希望