FC2ブログ

エドワード・スノーデン氏が不穏な真実を明らかにしたフェイスブックの正体とは何なのか

フェイスブックやインスタグラムなどのSNSは今や大衆の当たり前のコミュニケーションツールとして定着してきたが、フェイスブックとはそもそも大衆を「監視すること」が目的に設立された会社だということが、お馴染みスノーデンによって発信された。

以下、In Deepさん(リンク)より引用

* * * * * * *

フェイスブック、それは今では何百万人もの人々が毎日のように使っており、その目的は、一般的にいえば、人と人が集うためにある。創業者のマーク・ザッカーバーグ氏自身でさえ、フェイスブックは、世界をもっと近づけると確信している。そして、過去9年間において、それは絶対的な真実だったといえる。

しかし、以前から私は直感的にフェイスブックが災難に陥ることを報告していた。彼らは監視と収益以上のものを見つけることに苦労していたのだ。そして今、私たちは、その結果のひとつを見ている。

2016年のアメリカ大統領選は、ヒラリー候補の敗北という多くの人々に衝撃的な結果をもたらした。それ以来、フェイスブックでの「フェイク(偽)ニュース」や検閲は非常に強くなっていった。

それだけではなく、意味のない投稿や、ほとんど役に立たないコンテンツや予想等がフェイスブックのニュースフィードを独占することがよくあるような状態ともなっていった。

最近、エドワード・スノーデン氏は、フェイスブックにずっと感じ続けていたことを投稿した。それは「フェイスブックは以前から常に監視会社だった」と述べるものだった。

スノーデン氏は正しいのだろうか? フェイスブックは、最初、大学やカレッジで始まったとするストーリーがある。それは学生同士がお互いにコミュニケーションをとることを可能にする方法として作られたという話だ。その後、一般に公開され、そして情報共有とコミュニケーションの巨大な情報源となっていった。

フェイスブックがこのように巨大化した瞬間に生まれた、組織の新しい優先事項は、株主のために収益を上げることであり、そして、それがどのようなものであれ、政治的な圧力に抵抗せずに政府の諜報コミュニティとの明白なつながりを守らなければならなくなったことだった。

「データ」という存在は、それそのものが、企業にも諜報機関にもどちらにも大きなビジネスであり、貴重な資源となる。

絶え間ない財務的成長が必要とされる中で、フェイスブックは、ユーザー同士での情報提供という元々の有益なプラットフォームから、それを、できるだけ多くの収入をもたらすニュースフィードに置き換え始めた。これはフェイスブックがもはやコミュニケーションの手段ではなく、大規模な広告プラットフォームとなったことを意味する。

それでも、彼らは、人々が手放したものを含めた莫大なデータをすでに保持していた上に、さらに情報データを収集する方法を持っていた。

フェイスブックの事情に詳しい人々の多くが、同社の目的は、人々を結ぶソーシャルメディアネットワークという部分をはるかに超えていたと述べる。

フェイスブックの前副代表は、「フェイスブックは社会をバラバラにした」と述べ、創設者であり初代 CEO のショーン・パーカー氏は、「フェイスブックは、人々の弱みを悪用するために作られた」と述べている。

しかし、私自身は、フェイスブックを含む数々のインターネット上のプラットフォームは本質的に悪いものではない考えている。

その対象がいかなるものであろうと、それらを「悪いもの」「邪悪なもの」というような単純な言葉で表現することは怠惰な方法だと私は考える。

単純なレベルに落とされてしまった議論は、単に「それを理解したくない」ことを意味する。不平を言うだけで、その問題を解決しようとしないという態度だ。

今、私たちは、ある意味で人類が「成長する」ように挑戦されている時期にいると考えている。

これは、自分自身が世界の本性に対して完全に個人的な責任を持ち、それについて個別に行動することを選択する時期だということを意味する。

問題になっているフェイスブックにしても、周囲がどうであろうと、自分自身がこれまでどのように使っていて、これからどうするべきか。役立っていたのか、そうではなかったのか。情報提供の問題をどのように考えるか。

あらゆることに対して、その物事の善悪の判断は自分自身でおこなうものであり、周囲の善悪の判断は関係ない。私たちは自分の判断を選ぶべきだ。

以上、引用終わり



紺碧空
スポンサーサイト



食の安全 日本の方が他国よりも多くの農薬を使用している


リンク

食の安全

■輸入米は必ず燻蒸

広大な土地で、種まき、肥料・農薬散布など「飛行機農業」を行っているアメリカの米。

アメリカ米にコクゾウ虫50匹を入れたところ、4日後に10匹が死んだ
密に植えることになり、通気性が悪いため、病気が発生しやすいそうです。
薬を撒くにも大量に使用しなければいけない。
生産段階ですでに問題が高いものとみなされています。
使われている薬はEDBや臭化メチルという明確な「大」発ガン物質。
アメリカは、自国内では使用禁止にしているのだそうです。
訴訟大国アメリカの市民の権利意識というものは、日本とは比べ物にならないほど発達しています。
それに比べ日本の裁判所は「権限外」と門前払いにしがち。
疫病が流行らなければいい、という厚労省の責任逃れの結果、私たちの体には発ガン物質が貯蓄され続けていると言われています。

■日本の方が農薬を多く使っている?

しかし、日本では単位面積当たりの農薬使用量が、アメリカの7倍だと、20年以上も前から言われています。
ベジフルの福井理事長に聞きました。
FAO(国連食糧農業機関)の年報に記載されている
「各国の農薬使用量を耕地面積で割って比較したもの」ともいわれています。
しかし、FAOの年報に取り上げられている農薬は使われている農薬の一部なので、正確に比較ができるものではないそうです。

農薬の使用量の比較は、簡単にはいかないそうです。
アメリカと日本、農薬使用量を単位面積当たりで比較すると、
果実や野菜では大きな違いはなし(表1・2)。
同じ作物なら日本が特に単位面積当たりの農薬の使用量が多いといったことにはなりません(表3)

しかし、作物の違いを考慮せず合計の数字、つまり、表1と2の2.4kgと8.1kgとで比較すると、日本はアメリカの3.37倍!
えーっ、これって、どうして??

[表1]の麦類の0.5に注目です。
アメリカ農業のほぼ半分を占める麦類。
もともと病害虫の発生が少なく農薬の必要性が高くありません。

全栽培面積のなかで、農薬の使用量の少ない作物の占める割合が大きい場合、
全使用量を全栽培面積で割れば、当然、単位面積当たりの農薬使用量は少ない割合になりますよね。

同じ作物でも、農薬の使用量は自然条件や栽培条件によりかなり違ってきます。
品種によっても耐病害虫性は様々なので、安定した生産水準を維持するために使われる農薬の量は変化します。

作物や栽培条件などの違いを捉えずに、アメリカでは少ない、日本では多いとは一概には言えないようですね。




今井勝行

アカデミー賞とは、プロパガンダ賞か。

以下、反ロシア・プロパガンダ映画に賞を与えたハリウッドリンク より転載。
-----------------------------------------------------------
地政学的話題では、ハリウッドは、アメリカ政策立案者の帝国主義的狙いを支持し、事実上の機関として機能している。

毎年の自己賛美の催し、日曜日夜のアカデミー賞贈呈式でそれは明らかだった。映画界の大御所は、あるべき映画制作より、利益をあげることを重んじている。本物の歴史ではなくハリウッド風の歴史に書き換えられる。

昨年、アルカイダとつながっているホワイト・ヘルメットのプロパガンダ映画が最優秀短編ドキュメンタリー賞を受賞した。ハリウッドは、卑劣にもテロを讃えたのだ。

2013年に、1979年/1980年のイラン大使館占拠危機が書き換えられ、『アルゴ』プロパガンダがアカデミー賞を受賞した。

昨夜、政治問題化されたオリンピック精神が長編ドキュメンタリー賞を勝ち取った。

プロパガンダ映画『イカルス』は、監督で、アマチュア自転車選手のブライアン・フォーゲルが、亡命者で、元モスクワのドーピング検査機関所長で、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)情報提供者グリゴリー・ロドチェンコフに、アマチュア自転車レースで、禁止されている物質を使用するのに協力を求める様子を描いている。

強力な物質を違法に密売したかどで、彼はモスクワで被告不在のまま起訴されている。

少なくともロシア人オリンピック勝者15人が運動能力向上薬物を使用したと彼は告発した。

モスクワは、選手の一部が禁止されている物質使用に関与していたことを認めたが、ロシア国家の組織的ドーピングという彼の告発には反論した。同じ行為は、プロ・スポーツでのものも含め至る所で行われている。

ロドチェンコフは、アメリカに亡命し、証人保護プログラムのもとで、隠れ家を与えられており、居所は不明だ。

ところが彼は『イカルス』に出演し、サンプル-入れ替え手法により、ロシア選手が、運動能力向上薬物を使用し、2014年ソチ冬季オリンピックでメダルを取れるようロシア機関が幇助したと主張している。

その結果、ロシアのトラックとフィールド競技チーム全員が、2016年リオ夏季オリンピック大会出場を禁止された。

国際オリンピック委員会は、ロシア・オリンピック委員会を資格停止にした。ロシア選手が国旗の下で参加することを禁じた - 恥ずべき政治問題化行動だ。

ロシアの国家ぐるみドーピングに対する確かな証拠がないにもかかわらず、IOCは行動した。多くの国の代表選手たちが禁止されている物質を使用している。

チーム・メンバーの一部による乱用のかどで、国家、そしてその選手全員が罰せられるべきなのだろうか?

一部の選手が、そうしたドラッグを使用したことを理由に、アメリカの野球やアメリカン・フットボールや他のスポーツ・チーム丸ごと、リーグ競技への参加を禁止すべきだろうか?

ロシアと、その選手に対する行動は政治問題化されている。『イカルス』はロシア・バッシングゆえに受賞したのだ。

これはアメリカの権益に役立つ非難を正当化する卑しむべきドキュメンタリー映画だ。

フォーゲルは映画は“ロシアに対する警鐘だ”と言い、モスクワに対して利用するため、ワシントンに保護されている裁判逃避犯罪人ロドチェンコフに『イカルス』を、捧げている。

これとは別に、アカデミーは、極めて評判の高かったロシア人監督アンドレイ・ズビャギンツェフの映画『ラブレス』ではなく、チリ映画『ナチュラルウーマン』に外国語映画賞を与えた。

『ラブレス』は、昨年のBFIロンドン映画祭で最優秀長編作品賞を受賞した。カンヌ映画祭では、パルム・ドール賞に次ぐ栄誉である審査員賞を受賞した。

ワシントンは、不面目にも、ロシアを最大の脅威と見なしている。

アメリカの当局者や政策や選手に関する映画で、真実を語るのではなく、プロパガンダを制作して、ハリウッドは、アメリカの政策立案者たちと共謀しているのだ。

記事原文のurl:リンク





村上祥典