FC2ブログ

世界を収容所化し、経済活動を麻痺させる政策はビル・ゲーツの財団から出ている

桜井ジャーナル リンク より

入学や新学期の始まりを9月にするという話が持ち上がっている。これは言うまでもなくCOVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大を防ぐためという理由で安倍晋三首相が3月2日から春休みまで全国の小中高と特別支援学校に臨時休校を要請したことに起因する。

インフルエンザのような感染症が流行した場合、学級閉鎖や学校閉鎖といった対策がとられてきたが、今回は感染者のいない学校も全て含めての一斉休校。合理的な判断ではないと考え、この決定を批判する人は少なくなかった。

しかし、入学や新学期の始まりを9月に変更するということが一斉休校を決めた真の理由だとするなら理解できる。COVID-19を利用して入学の時期をアメリカなどと同じ9月にしようと考えた人物が安倍政権の内部、あるいは首相の周辺にいたとしても不思議ではない。

こうした学校のシステム変更だけでなく、全世界で社会システムが変えられようとしている。世界規模で人びとの基本的な人権は大幅に制限され、一部の国ではロックダウン、つまり人びとを監禁状態にする政策がとられている。

このロックダウンを正当化するため、そうしなければCOVID-19の感染拡大で多数の死者、例えばアメリカでは220万人が死ぬという推測が存在する。ジャーナリストのF・ウィリアム・イングダールによると、そうした推測の発信源はイギリスのMRC GIDA(医学研究委員会グローバル感染症分析センター)とアメリカのシアトルにあるワシントン大学のIHME(健康指標評価研究所)。

MRC GIDAは2008年にニール・ファーガソンらによって設立された団体で、WHOと緊密な関係にある。スポンサーはビル・アンド・メリンダ・ゲーツ財団。イギリスをロックダウンに導いたのは、COVID-19のためにイギリスで50万人が死亡するというIHMEの予測。アメリカでは220万人が死ぬとしていた。政府がロックダウンを決めた数日後、この研究所は予測値を大きく下げている。

IHMEは2007年にビル・アンド・メリンダ・ゲーツ財団の1億0500万ドルで設立された。創設メンバーの中にはWHOで現在、事務局長を務めているテドロス・アダノムも含まれている。2017年には財団からさらに2億7900万ドルが寄付されている。ビル・ゲーツのマイクロソフトからも1億ドル程度が渡っているともいう。

アメリカ政府の感染症に関する政策決定で中心的な役割を果たしている機関はNIAID(国立アレルギー感染症研究所)。その所長であるアンソニー・ファウチ所長の影響力は大きい。NIAIDもビル・アンド・メリンダ・ゲーツ財団と関係が深く、財団から研究所へ2019年10月に1億ドルが提供されている。

ファウチは2月28日にCOVID-19の致死率は1%未満かもしれないとニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスンで書いているのだが、3月11日にはアメリカ下院の管理改革委員会でCOVID-19の致死性は季節性インフルエンザの10倍だと発言した。WHOがパンデミックを宣言したのはその11日だ。ドナルド・トランプ大統領は13日に国家緊急事態を宣言、人びとは「監禁」状態になる。

COVID-19の患者が発見される前の昨年10月18日、ニューヨークでコロナウイルスのパンデミックを想定したシミュレーションが実施されたことは本ブログでも紹介した。ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター、WEF(世界経済フォーラム)、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が主催したイベント201である。

そのシナリオによると、ブラジルの農場で感染は始まり、1週間で倍増するというペースで患者は増え、ポルトガル、アメリカ、中国など多くの国へ感染は拡大していく。当初、コントロールできるように見えても拡大は続き、再流行もあってコントロール不能になる。シナリオが終わるのは18カ月後、6500万人が死亡してからだ。このシナリオは中国を含む東アジアの国々で破綻している。

橋口健一


スポンサーサイト



過去のパンデミックとの比較

改めて過去の流行風邪と比べてみた。過去の流行風邪と比べても、毎年訪れるインフルエンザと比べても・・・。

■コロナ禍
2020年 日本の総人口約1.26億人
国内感染者数(2020年4月30日時点) 1.4万人(人口比0.01%)
国内死亡者数(2020年4月30日時点) 442人(人口比0.0003%)

2020年 世界の総人口約76億人
世界感染者数(2020年4月30日時点)319万人(人口比0.04%)
世界死亡者数(2020年4月30日時点)22.8万人(人口比0.003%)

■インフルエンザ2017~2018年シーズン
2018年 日本の総人口1.26億
国内感染者数1462万人(人口比11.6%)
国内死亡者数 3325人(人口比0.002%)

■スペイン風邪 1918年~1920年
1919年 日本の総人口約5500万人。20~30代の青壮年者に死亡率が高い。国内では3回のピーク
国内感染者数 約2400万人(人口比約44%)
国内死亡者数 約39万人(人口比約0.7%)

世界の総人口 約19億
世界感染者数 約6億人(人口比31%)
世界死亡者数 約2500~5000万人(人口比1.3~2.6%)

■アジア風邪 1957年
1957年 日本の総人口約9000万人。50歳以上に抗体あり。
国内感染者数 約300万人(人口比3.3%)
国内死亡者数 約5700人(人口比0.006%)

世界の総人口 約29億
世界死亡者数 約100万人(人口比0.03%)

■香港風邪 1968年
1968年 日本の総人口約1億人
国内感染者数 約13万人(0.001%)
国内死亡者数 約1000人(0.00001%)

世界の総人口 約35億
世界死亡者数 約50万人(0.0001%)

コロナはウイルスではなく遺伝子の一部で、気を付けるのは電磁波と水分?!

リンク より引用しています。

***
ルドルフシュタイナー曰く、コロナウイルスは、遺伝子(DNA/RNA/プロテイン)の一部で、細胞(セル)が毒化/傷つけられると出てくる排泄物のようなもので、ウイルス自体は何の(感染の)影響も及ぼさない。
人類初のパンデミックの「スペイン風邪(1918年)」の時ボストン感染保険局の実験、何百人のインフル感染者の鼻水を集め、健康な人に注射、が一向に風邪にならない(感染しない)これを何回、何人に繰返しても同じ結果(無感染)だった。
馬でも同じ結果で、風邪にかかった馬の呼気を袋にため、他の馬にかぶる、何回繰返しても、風邪は移らない、
スペイン風邪の世界的パンデミックは何が原因か?
当時、世界中で、ラジオ放送が始まっていた。
【スペインかぜの原因】
●大気層で電波が乱れ始め、地球の帯電状態が変化し始めた
(クオンタムリープが発生、と言う表現を使っている)
●電磁波が細胞を傷つける環境が出来上がり
(様々な病的背景を持つ人に、影響を与え始め)
●傷ついた細胞からはウイルス(排泄物)が出てくる。
(これを風邪のウィルスと間違える)
※症状は風邪に似ていることから、スペイン風邪と呼ばれた
コロナウイルスの感染原理は、これと同じ現象だという。

■現在コロナは、6ヶ月であっと言う間に世界中に拡大中
第二次世界大戦以降、世界中に軍事レーダー/衛星が蔓延り、バンアレン帯に変化、太陽風や宇宙線も入り込むようになり、アジア風邪/香港風邪などはその環境下で起きている。
また、米の大量設置しているHAARPとか巨大アンテナも用途が怪しいと言われてもおかしくない
●過去数十年、我々は、
脳(松果体)に多大の影響を与える4つの因子を受けてきた、
1)ケムトレイル(特にアルミは誰しも体内に蓄積している。更に、人口的にアルミを撒く行為が行われている。)
2)農薬(グリサード(除草剤))※日本は今年から農薬規制を緩める!
3)水道添加物(フッ素)※日本は4月から水道利権を外資に売り渡し水道水にフッ素が入れられている!!
4)Wifi(~4G)
この20年に、見事にオーケストレイト(複雑なコンピュータシステム化)されている、始めの3つが行き渡り、体内で化学反応するアルミを蓄積した状況が出来て、スイッチを押す(発症させる)のがWifiである(4Gまでと比べて、5GはGHzが突出して大きい為、発症の原因になりやすい)
※アルミと5Gなどの電磁波の出す水銀が体内で、スパークさせると言う言葉が使われている
※Wifi単独でも影響は強いが、体の受け入れる条件を整えられたら、その影響はより強くなる(体調不良/免疫力低下など)

■コロナ感染原因は何?
少なくとも人からのウイルス感染ではない。
上の4つの状況がそのまま答えになるが、れに年齢や持病(インフル/肺炎など)の状況を踏まえ、トマスは2つの理由を加える。
1)Wifiに5G(軍事用途帯域)が登場してきたこと
2)地球を覆うネットワーク網が出来上がりつつあること
という。
メディアには出てこないが現在、宇宙にひ2万基の5G用サテライトが打ち上げられている。
低軌道(成層圏)でのフェイズドアレーアンテナゆえ、受け入れ体制(レシーバー)さえ整えば、安定発信でプリズンプラネット(監獄惑星)となる!
特に、中国(武漢)は5G基地局が集中していたのは明白。
ダイヤモンドプリンセス然り、5G基地局が集中している国の被害(死亡者数)は突出している。
現在の状況は1918年代と比べると、電波網は、著しく進化(悪化)しているゆえ世界中にあっと言う間にコロナフルーが広がっているのは、人の感染ではなく、グローバルネットワーク化の成果であるという。
地球上の電磁場環境がこの半年で変ってしまったが、トマスは、電磁波の観点から2つの注意すべき要因を指摘。
『体内の”水質”と”金属量”で、水分は体の70%を占め、アルミは電磁波を受けるアンテナになる』
ここまで来ると、自ずと対策が見えてくる。
手洗い、消毒、マスクが悪いとは言わないが、
ひとえに電波のレシーバーにならないことである。
即死スイッチを押させないこと(押させる環境/体調を避ける事)
良い水とレスアルミは大事である。
しかし、アルミを飛行機上から撒かれる(ケルトレイム)は対策しようも無く、あらゆるワクチンにもアルミが入っている上、
そこへ5Gの60GHzを照射されると、酸欠で即死!?という現象は避けられない(事実、日本でも増えて来た現象!)
<コロナの本質を知った上での新対策法>
まず、帯電を防ぐ工夫が必要!
5Gアンテナのそばを避けること!!
また、スマホの常時携帯を避け、夜間のルーターOff、PCの除電マット、
裸足生活も電気を溜めない効果、あとキレイな水をなるべく飲んで電気に強い体にする事!!!
「我々はモノ的存在ではない、電気的存在なのである」
※コロナ対策はウイルスとしてではなく、電気的に考えるのがコツという事であると。


***

新型コロナ禍はただのパニック。厳格な「社会的距離」政策(自粛)を今すぐやめるべき客観的事実・・・封鎖、自粛などの厳格な「社会的距離」政策の継続を主張する人々は、次の5つの重要な事実を無視しています。

■黄金の日日 「新型コロナ禍はただのパニック。厳格な「社会的距離」政策(自粛)を今すぐやめるべき客観的事実(翻訳)」 リンク より引用です。

~引用開始~
The data is in-stop the panic and end the total isolation
リンク
スコット・W・アトラス医学博士
フーバー研究所シニアフェロー、元スタンフォード大学医療センター神経放射線学部長 

 COVID-19パンデミックの悲劇は封じ込め段階に入っているようです。
とはいっても、これまで何万人ものアメリカ人が亡くなっています。
しかし、アメリカは、今こそ、パニックにならない勇気を持ち、客観的事実に基づいて賢明な政策を立案できるリーダーを必要としています。
リーダーは、仮説に基づく予測を強調し続けるのではなく、蓄積された客観的事実を参照して実際に何が起こったかを確認する必要があります。その経験的証拠を、数十年にわたって確立された生物学の基本原理と組み合わせることで、正しい政策を行い、国の機能を回復すべきです。

封鎖、自粛などの厳格な「社会的距離」政策の継続を主張する人々は、次の5つの重要な事実を無視しています。

事実1:圧倒的多数の人々にとって、新型コロナウイルスで死亡する重大なリスクはありません。

最近のスタンフォード大学の抗体研究によると、感染した場合の致死率はおそらく0.1~0.2%であると推定されています。これは、厳格な「社会的距離」政策の根拠とされたWHOの推定より20~30分の1程度、低いリスクです。

米国の全死亡者の3分の1以上を占めるニューヨーク市のケースでは、18歳から45歳までの人の死亡率は0.01%です。つまり人口の10万人あたり11人です。
一方、75歳以上の人の死亡率は80倍です。
18歳未満の場合、死亡率は10万人あたり0です。
ニューヨーク州のすべての致命的な症例の患者の3分の2は、70歳以上でした。
95%以上が50歳以上でした。
そして、すべての致命的なケースに至った患者の約90パーセントは基礎疾患を持っていました。
6570人の新型コロナ感染者の死亡のうち、6520人、つまり 99.2パーセントが基礎疾患を有していました。
慢性的な基礎疾患がない場合、年齢に関係なく、死亡する可能性は低くなります。
また、正常な健康状態にある若い成人と子供は、COVID-19による深刻な病気のリスクはほとんどありません。

事実2:リスクのある高齢者を保護することで、病院の過密状態を解消できます。

これまでに34,600を超える入院患者がいるニューヨーク市のデータから、病院の利用状況を知ることができます。
18歳未満の場合、ウイルスによる入院は10万人あたり0.01%です。
18~44歳の入院率は10万人あたり0.1%です。
65歳から74歳の人でさえ、入院したのは1.7%だけでした。

初期のWHO報告によると、すべての症例の80%は軽度とされてきました。
最近の研究では、感染率は当初想定よりはるかに高く、その一方で重篤な疾患に至る確率が低いことが示されています。
感染検査で陽性と判定された人の半数は、まったく症状がありません。
若い人や健康な人の大多数は、特別な医療を必要としません。

事実3:厳格な「社会的距離」政策の継続は、集団免疫獲得を阻害し、問題を長期化させます。

新型コロナウイルスに感染している大多数の人は、治療が必要ないことがわかっています。にもかわからず、今現在、不特定多数の人に対して、厳格な「社会的距離」が実行されています。
重篤な症状のない感染者は、広範囲にわたる集団免疫を確立するために必要な存在です。
ウイルスをリスクの低いグループの他の人に感染させ、抗体を生成することで、最も脆弱な人々への経路のネットワークをブロックさせることが、最終的に脅威を終わらせます。
社会全体への自粛要請は、その広範な集団免疫獲得を直接妨げます。

事実4:新型コロナに対する仮説に基づく予測のせいで、他の重篤な患者の医療が行われず、医療崩壊がおこっています。

「潜在的な」新型コロナ患者に対する病院の受け入れ体制や感染拡大防止のため、何百万人ものアメリカ人の重要なヘルスケアは無視されており、多くの人が死に直面しています。
ほとんどの病院は「不要な」検査や手術を突然中止しました。
これにより、癌検査は現在、ほとんど行われていません。
がん患者の化学療法は延期されています。
脳手術も約80%が延期されています。
救命救急は崩壊しています。脳梗塞や心筋梗塞の患者は治療のチャンスを逃しました。一部の人は死亡し、多くの人は後遺症が残りました。

事実5:ターゲットを絞った社会的距離政策で保護すべき危険なグループが明確になっている

新型コロナウイルスが致命的になるのは高齢者や基礎疾患をもつ人だけです。
社会全体の社会的距離政策ではなく、高齢者や基礎疾患などにターゲットを絞った距離政策で保護するのがもっとも合理的です。
この焦点を絞った距離政策なら、リスクを最小限に抑えながら免疫を生み出すと同時に、生命を救い、病院の過密化を防ぎ、継続的な自粛政策によって発生する経済や社会への巨大な弊害を制限することができます。
もう、仮説モデルで危機を過度に煽ることや、経験的証拠を過小評価することをやめましょう。
事実が重要です。
~引用終わり~

「隣組」マインドにご注意を・・・集団的な不機嫌に陥った日本人は怒りの矛先を探している。それを政治利用する政治家や、売名に利用する著名人がたくさんいる。

■黄金の日日 「「隣組」マインドにご注意を」リンク より引用です。

~引用開始~
「隣組」マインドにご注意を リンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 人々の不機嫌は極まってきている。以下、この10日ほどの間に私が個人的にクリップしておいた「世間の不機嫌」を順次ご紹介する。

東京の道路は交通量が少ない。おかげで運転はしやすい。一方、粗暴運転のドライバーが目立つ。何をイライラしているのか。
夕方の情報番組が、湘南に集うサーファーを白眼視する特集を放送している。東京から来たのかと、しきりに追及しているが、いったい、あんな広いオープンエアの砂浜で波に乗ることのどこに感染リスクがあるというのか。
徳島では、他県ナンバーの車を県職員が双眼鏡で調査しているという。びっくりだ。
「『来県お断り』徳島県 双眼鏡で県外ナンバーをチェック」
岩手県花巻市では、転入届の受け取りを拒まれた男性が焼死している。
「『今、東京から?』拒まれ、仮住まいで焼死 岩手『ついの住みか』のはずが」
千葉県佐倉市では、見物客の来訪を避けるために、公園内のチューリップ80万本の花を切ったのだそうだ。
「花咲けば人密集…チューリップ80万本、無念の刈り取り」
東京・荒川区の公園では、「親子が遊んでいる」という通報に対応して、遊具を閉鎖するなどの措置を取っているのだとか。
「親子で公園、役所に苦情も 遊具閉鎖、集団禁止の看板―新型コロナ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
集団的な不機嫌に陥った日本人は、昔から、その不機嫌の矛先を、逸脱者の摘発に向けることになっている。この展開を、私はとても強く警戒している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サーフィンやパチンコは、まさに高齢の保守層や、ネトウヨが嫌うもので、スケープゴートにされている。
若者は狙われやすい。
オフシーズンの今のサーフィンなんかは、三密にほど遠く、感染拡大にほとんど関係ないだろう。パチンコも比較的安全だ。
より危険な飲食店は自粛の対象となっていないのに、こういうスケープゴートが設定されるのは、政策効果よりもイデオロギーが優先するからだ。大阪が最初にパチンコを狙ったのも合点がいく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ワイドショーのMCの言う
 「心をひとつにして、みんなでこの状況を乗り切って行きましょう」
 という呼びかけは、おそらく、100パーセント善意からの言葉なのだろう。
 それを聞かされている視聴者とて、ほとんどの人々は、言葉そのままの意味で、ポジティブに受け止めているはずだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし、世の中には同じ言葉から別のニュアンスを引き出す人間もいる。
 「みんなが耐えているこの時に、自分だけ抜け駆けしてサーフィンなんかにうつつをぬかしている若いヤツらがいるらしいじゃないか」
 「みんなが少しずつ苦しみを分かち合っているいまこの時に、子供と公園でキャッキャしながら笑っている親がいる。そんな教育で良いのか」
 「みんなが家の中にとじこもってクサクサしているこの時に、わざわざチューリップを見にやってきて、写真を撮ってはしゃいでいるカップルがいる」
 と、こういう見方をしている人たちは
 「感染リスク」
 や
 「三密」
 をいましめるよりは、
 「抜け駆け」
 「娯楽」
 「解放感」
 を敵視する戦時中の「隣組」マインドに近いリアクションとして、逸脱者を摘発しようとしている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

集団的な不機嫌に陥った日本人は怒りの矛先を探している。
それを政治利用する政治家や、売名に利用する著名人がたくさんいる。
安倍はオワコンである。
右派はつぎの神輿を探している
安倍のお友達だった百田尚樹、橋下、高須あたりの右翼は自らの保身のために安倍を見切った。
吉本隆明が左翼陣営内の論争で無敵だったのは彼が左派でありながらその権力の象徴である、ソ連共産党やマルクス主義を批判していたからだ。
同じことが今の右派陣営で起こっている。安倍を批判する右翼は無敵の人でちやほやされやすい。

次の候補だった小泉の息子も馬鹿がバレて首相候補から完全に脱落した。
政界復活のチャンスとメディアへの露出を増やしてきた橋下だが、勇み足だった。
彼は新コロナへの言動でいくつか致命的なミスを犯した。ツィッターなどでみると彼に対する国民のアレルギーはまだまだ強い。過去の言動のみそぎは終わっていなかった。
となると次の候補はフレッシュな吉村あたりを考えているのだろう。しかし、彼も橋下と同じサイコパス気質だということを国民はまだ認知していない。いずれ馬脚を露わす。

~引用終わり~