FC2ブログ

大学の先生ですら無意識に「フェイクニュース」に加担してしまう時代に。

マスコミによる情報操作、それに付随して詭弁を奮ってしまう大学教授という閉じた職業。

リンク

突然だが、昭和生まれの世代であればよく耳にした“道徳的な言葉”に、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」というものがあった。

慶應義塾の創設者であり、1万円札の肖像にもなっている福沢諭吉の言葉として紹介され、要旨「人類は皆平等であることを説いた偉い先生」という引用のされ方をされたが、記憶にある人も多いだろう。


だが言うまでもなく、この解釈はあらゆる意味で誤りだ。

ネット社会の普及でこのフェイクは広く知られるようになったが、念のためにおさらいしておきたい。


今、私の手元に、福沢諭吉の著した「学問のすゝめ」がある。

最初のページをめくると、明治13年7月30日に福沢が記した巻頭書きがあり、それに続き本編が始まるが、その書き出しが、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。」だ。

福沢を、人類平等を説く思想家と解釈した人はこの下りを誤解したのかも知れないが、ここは「言えり」なので、他人の言葉の引用部分である。

「~って言っている人がいるよ」「~と言われているね」というニュアンスであり、福沢の言葉ではない。

もちろん福沢が喝破したわけでもない。

とは言え、もちろんこれだけでフェイク扱いをするつもりはない。

大事なのはここからであり、このセンテンスに続き福沢は何を述べているのか。

要約すると、

「にも関わらず、世の中には頭の良い者もいれば頭の悪い者もおり、金持ちもいれば貧乏人もいる。貴人もいれば下人もいるが、これはなぜなのだろうか。」だ。

つまり、一行でまとめると「天は人を平等に造っているはずなのに、実際は全然違うよね。」という書き出しなのである。

まさに、正反対の解釈だ。

さらに、福沢の辛辣な言葉は続く。

平等に生まれたはずの人間がなぜ平等でなくなるのか、という考察が始まるが、ストレートに書くことは憚られるので、ソフトに要約したい。

「学ぶことを諦め、誰でもできるような簡単な仕事を選んだ人間の身分は軽くなって当たり前。難しい仕事をする医者、学者、政府の役人は貴い身分であるのは当然だ。」という言葉がこれに続く。

なお一部だけでもそのまま引用させて頂くと、「無学なるものは貧人となり下人となるなり。」とまで書いている。

現代であれば、政治家が口にすればエライことになるフレーズだ。


とはいえ、だからこその「学問のすゝめ」なのだが、いずれにせよ福沢は、人類は皆平等であるなどという博愛は説いていない。

いや、もしかしたらどこかで説いているのかも知れないが、少なくともこの下りをそのように解釈し引用するのはかなり無理があり、言ってみれば完全にフェイクだ。

ちなみになぜ、私がこんな古い文庫本を持っているのかと言えば、私自身も福沢のこの言葉を長い間、人類平等を説く言葉だと信じていたからだ。

しかし、いつのことか記憶は定かではないが「その解釈は誤り」という解説を読み、それでも信じられずに自分で確認したいと思い、文庫本を買ったことを覚えている。

若い頃から繰り返し刷り込まれていた「常識」を自己否定するのは、これほどまでに受け入れがたい作業だった。

そして原文にあたった結果、ようやく事実を受け入れることができた。


■怖い「なんとなくのイメージ」
このように、世間では「常識」と広く信じられているにも関わらず、実は全く正反対のことであるフェイクはとても多い。

そしてその中でも、私が昔から気になるフェイクの一つが、

“日本だけは、太平洋戦争の際、当時すでに空母と戦闘機の時代になっているのに、「世界一」だと言って戦艦大和の建造に走り、不沈艦だと言い張っていた”

という趣旨の論説だ。

この考え方は、「学問のすゝめ」と違い余り活発に議論されるようなネタでもないので、おそらくそのように信じている人が、相当数いるだろう。

知識人と世間で理解されている大学教授が、なんとなくのイメージでその真偽を確かめる事なく、署名記事に誤った内容を記す影響力は余りにも大きい。

ネット上に無数に存在する眉唾のニュースは、誰もがある程度、疑ってかかるが、大学教授が講義や署名記事で著した内容は相当な信憑性を持って、フェイクが無数に連鎖していく。


そしてこのように、第1級の明確な歴史資料が残っている史実さえも、多くの人々に「間違った知識」として常識となっていき、やがて史実すら変えかねない原動力となるだろう。

そうなれば、間違った学習から間違った教訓を引き出すという、致命的な学習エラーが発生する。

これでは、学習をする事そのものが有害にすらなりかねない。


しかしその上で、私も福沢諭吉は相当長い間、人類の平等を説いた思想家だとなんとなく信じていた。

おそらく知識を上書きしていなければ、今もそのように信じ、人にも伝えていただろう。

先の大学教授の話もそうだが、全く悪意がない分、なんとなくのイメージが持つ影響力は余りにも大きい。

仕事を進める上でも、私生活で趣味を楽しんでいる時間も同様だが、自分が正しいと信じている常識は、本当に真実であると信じるに足る根拠があるのか。

時には底本や一次資料にあたり、知見のクリーニングをする必要があるのではないか。




長曾我部幸隆
スポンサーサイト

朝日新聞の信頼度は日本の有力紙の中で最下位

株式日記と経済展望【リンク】からの転載です。

もはや、朝日新聞は、社会に信用されない新聞となりはてたというイギリスが発信元の記事です。

転載開始

◆朝日新聞の信頼度は日本の有力紙の中で最下位 英調査 7月2日 NEWSポスト

〈朝日新聞の信頼度は日本の有力紙の中で最下位〉という衝撃的な調査が発表された。英国オックスフォード大学ロイター・ジャーナリズム研究所が毎年行なっている国際的なメディア調査レポートの最新版『Digital NEWS REPORT 2018』によると、日本の新聞で読者の信頼度が高いのは1位が日経新聞、2位地方紙、3位読売新聞で、朝日新聞は産経新聞(4位)や毎日新聞(5位)より下の6位(最下位)となった。“日本で一番信頼できない新聞”という評価だ。

同レポートでは、日本部門の調査の解説を担当した澤康臣・共同通信記者が原因をこう分析している。

〈近年、リベラルな高級紙(朝日)は保守派の与党・自民党と右寄りメディアの両方からの批判にさらされてきた。安倍晋三首相は朝日の誤報問題(森友学園報道の検証記事)に対してフェイスブックに『哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした』と書き込んだ。また、保守系議員の足立康史氏は、『朝日新聞は万死に値する』とツイートし、右寄りの雑誌は『朝日を廃刊に追い込む必要がある』といった見出しを掲げている〉(原文は英文。カッコ内は本誌が補足。以下同)

そしてこう続く。〈さらなる分析から、朝日の信頼度が低いのは、部分的に、こうした右派からの声高で党派的な批判から来る高いレベルの不信の結果だとわかっている〉

この調査は今年1~2月にネットによるアンケート方式(日本のサンプル数は2023人)で行なわれ、新聞、テレビ、週刊誌などの媒体ごとに信頼度を「0(全く信頼しない)」から「10(完全に信頼がおける)」までの11段階で評価したものだ(朝日は5.35ポイント)。

朝日新聞社は「調査の結果について特にコメントはないが、読者に信頼していただけるよう努めていく」(広報部)とするのみだが、調査対象が日常利用するニュースメディアは新聞では朝日が最も多く、朝日読者も含めた調査だとわかる。

◆世論が動かなくなった

その昔、朝日新聞は高学歴のエリート層が読む「日本のクオリティペーパー(高級紙)」と呼ばれ、政治報道でも時の政権を揺るがすスクープを連発してきた歴史を持つ。田中角栄元首相を失脚させたロッキード事件をはじめ、竹下内閣を退陣に追い込んだリクルート事件、自民党分裂につながった東京佐川急便事件など大型疑獄事件はいずれも第一報は朝日のスクープだった。

朝日が権力を監視する「第4の権力」として世論に大きな影響力を持っていたことは間違いない。ところが、今や朝日が報じても世論は動かない。森友・加計問題報道がそれを証明した。

朝日は森友学園に対する国有地格安売却の事実をいち早く報じ、加計学園問題では、「首相のご意向」文書をスッパ抜き、さらに財務省の森友文書改竄を掘り起こした。だが国会は紛糾こそすれど、安倍政権は権力の座についたままだ。

新聞がいくら政治の腐敗をスクープしても、媒体が国民に信頼されていなければ世論を動かせない。そう見切ったのが麻生太郎・副総理兼財務相だ。「安倍政権への審判」が問われた新潟県知事選に勝利すると、新聞の世論調査で「辞任勧告」を突きつけられていた麻生氏はうっぷんを晴らすようにこう言い放った。

「自民支持が高いのは10~30代の一番新聞を読まない世代だ。新聞読まない人は、全部自民党(の支持者)なんだ」(6月24日、麻生派議員の政治資金パーティにて)

麻生氏はこれまでも「新聞読む人の気が知れない」「新聞は努めて読まないようにしている」と公言して“新聞を読むヤツはバカだ”という哲学を披瀝してきた。

もちろん「失言王」「漢字読めない政治家」の異名を持つ麻生氏の言動を見れば、新聞は読んでおいたほうがいいように思えてならないのだが、情けないのはそこまで言われて反論できない新聞記者の側だろう。

以上転載終了




匿名希望

沖縄県知事選の結果をマスコミが政権忖度でスルー! 政権忖度?

LITERAリンクの記事紹介です。政権付度?大手マスコミはその存在理由を放棄しているとしか思えない。長期化する安倍政権、イエスマンを周囲に配する内閣人事、このままでは日本は腐ると考えるのは私だけでしょうか。

========
自民党と公明党、日本維新の会などが推薦した佐喜真淳氏を破り、翁長雄志知事の後継候補である玉城デニー氏が当選した沖縄県知事選挙。選挙期間中におこなわれた世論調査の情勢報道では「接戦」「互角」と伝えられてきたが、蓋を開けてみれば、玉城氏は佐喜真氏に8万票を超える大差をつけ、沖縄県知事選では過去最多となる39万6632票を獲得した。

 この結果にもっとも頭を抱えているのは、言うまでもなく安倍政権だ。安倍首相にとっては自民党総裁選後すぐの選挙であり、なおかつ辺野古新基地建設に向けて絶対に落とせないものだった。そのため安倍首相は、菅義偉官房長官を総裁選ではなく知事選に全力投球させ、菅官房長官が指揮を執るなか佐喜真陣営は潤沢な選挙資金と組織力にものを言わせたすさまじい物量作戦を展開してきた。
 
 だが、その結果は玉城氏の圧勝。総裁選でも厳しい締め付けをおこなったにもかかわらず石破茂氏の善戦を許したばかりだったが、沖縄県知事選の結果は「このまま安倍体制で来年夏の参院選は勝てるのか」という党内の不安ムードに追い打ちをかける事態となった。

 実際、きょう午前中におこなわれた定例記者会見では、記者から知事選の敗因を問われると、菅官房長官は「結果について政府としてコメントすべきではない」と回答拒否。さらに、選挙中に菅官房長官自ら佐喜真氏の街頭応援演説で謳った「携帯料金の4割引き下げ」についても、「沖縄県に限らず全国的な課題」などと言い出した。

 辺野古新基地建設に反対する玉城氏を新たな知事に選ぶという沖縄の民意があらためて示されたというのに、徹底的に無視する──。この冷酷な安倍政権の態度は許しがたいものだが、しかし、それはメディアの報道も同じだ。

 というのも、投開票から一夜明けた本日、NHKの『ニュース7』が、沖縄県知事選の結果について、まったくふれなかったのだ。

 もともとNHKは今回の沖縄県知事選についてほとんど取り上げてこなかったが、まさか、看板のひとつである報道番組で結果にさえふれないとは、あまりに露骨すぎるだろう。

 さらに、民放のワイドショーも、ほとんどが沖縄県知事選の話題をスルーした。きょうのワイドショーは軒並み、台風に貴乃花親方問題、樹木希林の告別式、平尾昌晃の遺産騒動、大阪府警富田林署から逃走していた樋田淳也容疑者の逮捕といった話題をピックアップ。沖縄県知事選の結果をスタジオのコメント付きで取り上げたのは『ひるおび!』(TBS)だけで、それも10時台の新聞チェックのコーナーでわずか約8分間だった。

 これは、2014年に翁長知事が当選した前回選挙と比べると、あまりにも違いがありすぎる。現に、前回の選挙の翌日は、『とくダネ!』(フジテレビ)ではオープニングから翁長氏の当選を伝え、当時、現職だった仲井眞弘多元知事による辺野古沖の埋め立て承認の問題を取り上げた。さらに、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)でも2番目のニュースとして「“普天間基地移設反対派”が当選」と時間を割いて報じ、『スッキリ!!』(日本テレビ)も選挙結果を伝えていた。

 ちなみに、前回の2014年時よりも時事ネタを扱うワイドショーの数は増えている。しかも、今回の沖縄県知事選では、ワイドショーの大好物である小泉進次郎議員が3回も沖縄入り。その上、自民党はつい先日まで安倍首相の“敵”だった石破氏さえ応援に駆り出していた。また、玉城氏の当選は日本で初のミックスルーツをもつ知事の誕生でもあり、ワイドショーが食いつく“ネタ”は山ほどあったのだ。

 なのに、前回とは打って変わって、選挙結果を取り上げない──。このわかりやすい事実が示しているのは、いかにNHKやワイドショーが、沖縄の民意を伝えることを「政権批判」と捉えているのか、という問題だろう。
========
転載以上。





takigawa hayami

米国ジャパンハンドラーとツーカーの日経新聞系のテレビ東京が森友事件を取り上げた:立憲民主・枝野氏の日米同盟堅持発言とリンクしているのか

新ベンチャー革命2018年9月26日 No.2134より引用リンク


1.安倍夫妻が渡米中という鬼の居ぬ間に、あのテレビ東京(日経新聞系)が、ナナナント、森友事件追及を復活させた?
先日、安倍氏は自民総裁選で再選され、意気揚々と血税浪費の渡米旅行に夫婦そろって出かけています。

 なぜ、テレ東が森友事件追及の番組を、このタイミングで流したのか、当初、不可解でしたが、日米関係に何らかの変化(水面下の変化)があって、テレ東がその内容を日経新聞経由で秘かに知っている可能性があります。

 いずれにしても、安倍氏が留守中に、日経新聞系のテレ東が、昨日、森友事件を取り上げたのです(注1)。

いくら安倍氏が自民総裁選で三選されても、モリカケ疑惑はウヤムヤにされたままであり、まったく決着はついていないのです。

 安倍氏自身は、自分は特別な人間だと勝手に思い込んでいるかもしれませんが、日本はれっきとした民主主義国家ですから、いくら安倍氏が総理大臣であっても、自分に掛けられた嫌疑を不問に付すことは絶対に許されません。こんなことは良い子の小学生にもわかる話です。

さて、それでは、いったいなぜ、朝日新聞や日刊ゲンダイのようなアンチ安倍系メディアではないテレ東が、わざわざ、森友事件を取り上げたのでしょうか。


2.テレビ東京とつながる日経新聞は、日本を闇支配する米国戦争屋ジャパンハンドラーの巣窟・CSISと提携している
上記、森友事件を取り上げたテレ東につながるのは日経新聞ですが、日経は米国シンクタンク・CSISと提携しています(注2)。
 
 このCSISこそ、日本を闇支配する米国戦争屋ジャパンハンドラーの巣窟なのです。したがって、米戦争屋が今後、安倍氏をどのようにハンドリングしようとしているのか、日経新聞およびテレ東は秘かに知っている可能性は確かにあります。

いずれにしても、テレ東は、安倍一派のもっとも嫌がることを堂々とやったのです。


3.米国戦争屋ジャパンハンドラーは、三選後の安倍氏をレームダック化(死に体化)しようとしているのか
一つ言えることは、日経・テレ東ラインは、朝日新聞や日刊ゲンダイと違って、アンチ安倍系メディアではないので、米戦争屋ジャパンハンドラーからの了解なしに、安倍氏のアキレス腱となっているモリカケ疑惑を取り上げることは絶対にありません。
 
 ということは、米戦争屋ジャパンハンドラーは、モリカケ疑惑にまみれる安倍氏を嫌って、三選後の安倍氏をレームダック化させようと考えている可能性を否定できません。
 
 国民からの信用を失った安倍氏をいつまでも、傀儡首相に据え置くという発想は、米ジャパンハンドラーの発想ではないでしょう。
 
 したがって、今の安倍氏は、米戦争屋ジャパンハンドラーからは、もう、用済みになっているのかもしれません。


4.テレ東の森友事件番組と枝野・立憲民主代表のジョージ・ワシントン大講演はリンクしているのか
今回のテレ東の森友事件番組放映の前、9月13日、野党第一党である立憲民氏の代表・枝野氏は、CSIS(ジョージタウン大配下)と同系統のジョージ・ワシントン大学にて、講演を行っています(注3)。そして、枝野氏は、この場で、聞き捨てならない重要な発言をしています。それは、立憲民主は日米同盟堅持主義政党と述べたことです。

 この発言は、立憲民主支持の国民の神経を逆撫でするモノです。
 
 この発言に基づいて、米戦争屋ジャパンハンドラーのジャパンハンドリングが変わる可能性があります。
 
 米ジャパンハンドラーは、自民党を米共和党に類似させ、立憲民主を米民主党に類似させ、両党を拮抗させる発想を持っている可能性が出てきました。

要するに、彼らは、日本会議によって闇支援される安倍一強体制を崩壊させようと考えているかもしれません。
 
 ちなみに、米ジャパンハンドラーは、安倍一派を含む日本会議勢力の本性が、戦前回帰の大日本帝国主義者であることをよくわかっているはずなのです。

彼らは自衛隊の米軍傭兵化のために、安倍一派を泳がしていたのですが、今後は、安倍一派の一強化にブレーキを掛けるつもりかもしれません。
 
 いずれにしても、安倍三選を境に、日本の政治の流れは、米ジャパンハンドラーによって変えられそうです。



匿名希望

ある編集者への手紙

内田樹の研究室から表題記事の紹介です。新潮45の休刊に関する編集者のスタンスを問う興味深い内容です。以下、リンク からの転載です。
*********************************
はじめまして、内田樹です。
メールありがとうございます。
新潮社の友人たちからいろいろと内情は伺っております。
「新潮45」にも三重さんが編集長をしているころは何度か寄稿させて頂きましたので、愛着のある雑誌です。休刊ということになったのは僕も残念です。

このような事態に立ち至った責任はもちろん編集者にあります。
このような局面で、ほんらいならば公的なかたちで、その執筆意図について説明責任を果たし、批判に対して反論するなり、あるいは事実誤認について謝罪するなりして、「新潮45」とともに批判の前面に立つべきときにそれを怠って雲隠れするような人物に寄稿を依頼し、あまつさえ擁護の論陣を張ったという編集者の判断の致命的なミスの「つけ」を新潮社が払ったということだと思います。

出版の社会的使命は何か、それぞれの媒体はどのようなメッセージを、どのような文体において発信すべきか、その企図をどのような人物に託すべきかといったことの決定は編集者の権限に属することであり、それについては責任を負わなければなりません。
それがどれくらいのリスクと覚悟を伴う仕事であるかについて自覚が今回の当事者たちにはあまりにも不足していたように僕には思えました。

とりわけ、僕が気になるのは「新潮45」に掲載された文章の多くに「読者に対する敬意」が欠落していたことです。
「言論の自由について」という文章に書いた通り、出版物のクオリティを最終的に担保するのは、何よりも編集者と書き手が読者にメッセージを差し出すときの「敬意」だと僕は思っています。
できるだけ論理的に書く、ただしいデータに基づく、引用出典を明らかにする、カラフルな比喩をつかう、わかりやすい事例を引く、情理を尽くして説く、どれも「読者に対する敬意」の表現だと僕は思っています。
でも、現在の出版状況を見ると「読者に敬意を示さない」ことでビジネスが成立している場面が少なくありません。ことは出版だけに限りません。僕はテレビというものを観なくなって久しいのですが、それは「視聴者に対する敬意」というものをもうほとんど感じることができないからです。

「敬意」というのは僕の理解では「適切な距離感」のことです。
「鬼神は敬して遠ざく」というときの「敬」です。
白川静先生によると「敬」の原義は「羊頭の人の前に祝禱の器をおくかたち」だそうです。『字通』には「敬はもと神事祝禱に関する字である。それで神に仕える時の心意を敬という」とあります。
それは「親しみ」とか「なじみ」というものと隔たること遠い心意だと思います。
いまのメディアに感じる「敬意の欠如」とは、言い換えると、不適切なまでの親しみ、気持ちの悪いほどの共感(「わかるわかる。そうそうそうそうだよ。そういうことってあるよね、あるあるある」という感じ)を過剰に追及していることだと思います。

「新潮45」の末期のきわだった特徴は「読者との過剰なまでの共感と結託感」を前提に書かれていた文章が多かったことです。
僕はそれを「気持ちが悪い」と感じたのです。そして、それを「気持ちが悪い」と感じない編集者たちの感性につよい違和感を覚えたのです。

LGBTの問題では「自分とは性的指向が違う、自分とは性的アイデンティティーが違う他者」に対して、どれくらい「敬意=適切な距離感」をもつことができるかということが試されたのだと思います。
よくわからないことについては語らないというのも一つの敬意の表現だと僕は思っています。
「わからない」「よく知らないこと」について平然と断定的に語る人たちは、自分が言うことにつねに同意してくれる「自分と同じような読者」を前提にして語っているのだと思います。
「身内の語法」で語ること、それを「敬意の欠如」というふうに僕はとらえるのです。
僕はそういう人たちを表現者として評価することができません。
自分の書いたものがそこで論じられている当の人たちに読まれる可能性について想像もしていないということが「敬意を欠いた」文章の特徴です。
ネトウヨメディアの寄稿者たちの特徴は、自分の書いたものが韓国語や中国語に翻訳されて読まれる可能性についてゼロ査定している点です。
外国の読者に届くようには書かれていない。
ほんとうに彼らが真実を語っていると信じているなら、それは「身内以外」の読者たちが読んでも(韓国や中国の読者が読んでも)十分にリーダブルなものであるはずですし、せっかく書く以上、身内以外の読者が読んでも十分にリーダブルであるように書くべきだと僕は思います。
そのような配慮を僕はほとんどこれらの書き手から感じることができません。
それを僕は「敬意の欠如」と呼んでいるのです。

今のメディアが陥っているピットフォールは「読者の共感を得ること」を目的としていることだと思います。
「わかるわかる」を共有できる読者や視聴者だけに向けている、でも、そうやって「親しみ」や「なじみ」に依拠してコミュニケーションを構築しようとする限り、そのような表現を受け容れるマーケットはひたすら狭隘なものになるしかありません。
コミュニケーションを基礎づけ、それを広げてゆくのは「敬意」です。「身内の親しみ」ではありません。
そのことをこれから編集のお仕事をされる上でときどき考えてみてください。
(転載終了)




蒔田一雪